NEWS

3/9-3/14 女の子には内緒『ささやきの彼方』公演


関東を中心に活動する劇団ユニット・女の子には内緒の第4回せんだい短編戯曲賞大賞受賞作品『ささやきの彼方』を上演!

これまでヒガコプレイスでは展示や音楽イベントなどを開催してきましたが、今回はなんと初の演劇イベントです!!

演劇ユニット「女の子には内緒」は、2013年に旗揚げされ、これまでラジオドラマを用いた街散策とラブホテルでの上演や、昨年夏にはかがわ山なみ芸術祭に参加し、廃校になった小学校の校庭を利用した作品を作るなど、劇場という形にとらわれず、さまざま作品を発表してきました。

そして今回、女の子には内緒フリーペーパー『往復曲線』を創刊。その記念公演として、ヒガコプレイスで『ささやきの彼方』を上演する運びとなりました。

フリーペーパー『往復曲線』は、上演する作品の戯曲(台本)を先行で掲載し、”読者/鑑賞者と劇世界とが、上演される前に触れ合うことで、脳内で「往復書簡」のようにコミュニケーションを重ねながら、それぞれが物語を形作っていくこと”をコンセプトに発行。

『ささやきの彼方』の戯曲全編を掲載した創刊号『往復曲線vol.0』を、ONLY FREE PAPER、SUNNY BOY BOOKS(学芸大学)、ユジク阿佐ヶ谷、ラピュタ阿佐ヶ谷、にわとり文庫(西荻窪)、百年(吉祥寺)などで配布中です!

また、今回上演する『ささやきの彼方』は、ひとつの沿線を舞台に、間接的に関わりあう女性たちを描いた作品です。高架下のガタガタと電車の音がする中で、物語をお楽しみください。

フリーペーパー画像
++++++

第4回せんだい短編戯曲賞大賞 受賞作品
女の子には内緒『ささやきの彼方』
作/演出| 柳生二千翔
出演| 高山玲子

ーー平坦な日常の中にある、もう一つの地平線。
行き場を失った小さな出来事の中で、いつか、彼女達と出会うことはあるのか。
でもきっと、僕に見えないだけで、今日も確かにあの海辺を歩いている。ーー

ひとつの沿線をめぐる、女性たちの物語。深夜のホーム上で起こる「ある出来事」をきっかけに、間接的に関わりあってしまう彼女たちは、思い思いの独白を続ける。

◎公演日程
3月9日(木):19:30
3月10日(金):17:30/19:30
3月11日(土):17:30/19:30
3月12日(日):17:30
3月13日(月):19:30
3月14日(火):17:30/19:30
※受付開始/開場は開演20分前予定

10日、11日、12日、14日の通常店舗営業は17時までとなります。ご了承ください。

◎チケット
前売り券/当日券:¥1,200(税込)

チケット購入はこちらから!⇒ http://peatix.com/event/234876
※全席自由席
※コンビニ、ATM、PayPalよりお支払い選択ができます。
※受付にてQRコード、購入確定後のE-mailまたはそのプリントアウトをご提示ください。
※使用料、システム手数料なし
※お支払いが未完了のまま支払い有効期限をすぎますと、自動的に御予約が無効となります
※入金完了後の変更・取り消しはお受けできません

000
001
002
003
(写真・blanClass/2015年11月公演『手のひらコロニー』より)

◎女の子には内緒(http://niha-naisho.tumblr.com/)とは?
脚本・演出を務める柳生二千翔により設立した演劇ユニット。関東を拠点に活動中。幼少期、大人達 や大人ぶった女の子に秘密にしておいたような楽しいものを目指し、この現在だからこそ表現できるも のを制作する。劇場内だけでなく、街や日々の暮らしの中に息づいている物語 / 演劇的なものを掬い 上げ、繫げる、野外作品も発表している。
Twitter:@NihaNaisho
Instagram:@nihanaisho

・主宰/柳生二千翔
1993 年生まれ。愛媛県松山市出身。上智大学経済学部経営学科在籍。
平田オリザ主宰のこまばアゴラ演劇学校・無隣館演出部所属。何気ない日常の中に潜む物語を構成し、「この街にいるかもしれない」市井の人々を描きながら、分かりえない他者との気づきや繋がりを探している。演劇を主軸に置きつつ、映像美術家・山城大督や音楽家・蓮沼執太の製作に参加する等、様々な分野をまたぎながらボーダレスに活動中。第4回せんだい短編戯曲賞大賞を受賞(2016)。


2017-02-13 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

今年も神戸に行きます!

kiito_1-27

毎年3月、神戸市のデザイン・クリエイティブセンター・神戸 KIITOで行われるお祭り、オープンKIITOに御誘い頂きました!!(4年連続4回目)←ゴールデングラブ賞みたいでかっこいい書き方

毎年「今読んでいただきたいフリーペーパー50誌」と題した展示をさせていただいております。
展示と言いましても、お持ち帰りいただくこともできますよ!

さらに、ここ数回は展示にプラスして様々な企画も同時に開催させていただいております。

2016 「FIVE YEARS -100 BEST FREE PAPERS」やらせていただきました
http://kiito.jp/news/report/2016/04/01/14279/

今年はわたし(店長:松江)が大好きな地域情報誌「あおあお」の制作をされている森様と、関西はこの編集チームを中心に回っているのではないかと思わせるRe:Sから竹内様をお招きし、ローカルメディアについて色々お話を伺うトークセッションをさせていただくことになりました。

1日限りですので、是非この機会にフリーペーパーの世界を覗き見にきてください!!


ONLY FREE PAPER at オープンKIITO 2017
日時:2017年3月4日 11:00-18:00
場所:DEISGN AND CREATIVE CENTER KOBE 「KIITO」
   〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4
入場:無料
内容:フリーペーパーの展示および配布
主催:DEISGN AND CREATIVE CENTER KOBE
http://kiito.jp/schedule/event/article/19822/

トークセッション「ローカルフリーペーパーの今、そしてその後」
日時:2017年3月4日 16:00-17:30
場所:DEISGN AND CREATIVE CENTER KOBE 「KIITO」内 ライブラリ
   〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4
入場:無料
内容:フリーペーパー・ローカルメディアについてのトークセッション
   ゲスト:竹内 厚(編集者、有限会社りす)
       森 香菜子(編集者、グラフィックデザイナー、KIGI PRESS/徳島『あおあお』) 
    進行:松江 健介(ONLY FREE PAPERオーナー)
主催:DEISGN AND CREATIVE CENTER KOBE
http://kiito.jp/schedule/event/article/20188/


2017-01-31 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

//music×paper vol.1// ikanimo live at ONLY FREE PAPER

ika1
“紙”だらけのONLY FREE PAPERで、”音”はじめます!

当日は会場限定のアーティスト作のフリーペーパーも配布されます!

第1回目のアーティストは、ケイタイモ・野村卓史・松井泉によるアコースティック・ボサノバ・フォーク・ホーミーユニットikanimo。
ギターにアコーディオンにパーカッション、そして歌にホーミーという、季節も時間も空間も飛び越える不可思議なikanimoサウンドと、
まったく未知数の会場限定ikanimo作フリーペーパーがヒガコプレイスにやってきます!

——————————————————————————————————–
ika2
【ikanimo】
ケイタイモ(WUJA BIN BIN、ex-BEAT CRUSADERS、etc):ギター、歌、ホーミー
野村卓史(グッドラックヘイワ、NATSUMEN、etc):アコーディオン、トイピアノ、コーラス
松井泉(YOUR SONG IS GOOD、etc):パーカッション、コーラス
———————————————————————————————————
デビューアルバム「ikanimo」 OUT NOW



//music×paper vol.1// ikanimo live at ONLY FREE PAPERヒガコプレイス店
日時:2017年2月18日(土)19:00-
会場:ヒガコプレイス
料金:(予約)2,000円+1d (当日)2,300円+1d
⭐︎小学生半額、未就学児無料
※ご予約はこちらよりお申し込みください。
↑ 定員に達しましたので締め切らせていただきました。ありがとうございます。

 


2017-01-30 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

ドコモショップ × OFP はじめました

IMG_2651

ライフスタイルが多様化していく中で、これからの『生活』というものを提案し、地域の人と寄り添うお店にしていきたい。

ドコモショップさん側からのそのようなご提案から、携帯ショップの中に《フリーペーパー屋さん》作らせていただきました。
場所は栃木県・宇都宮市。
内装もこの度一新し、今までの無機質な携帯ショップのイメージから、木を基調とした有機的な店内になっています。

今回のドコモショップ×OFPの試みは、ドコモショップさん側にしても、これから色々仕掛けていく中でひとつ大きなチャレンジになるとのことで、今後どういった展開になっていくのか楽しみです。

IMG_2633
IMG_2656

今回やらせていただきましたドコモショップ宇都宮鶴田店は、
宇都宮駅から少し離れた場所に位置しておりますが、お近くの方は覗いてみていただけると嬉しいです。


ドコモショップ宇都宮鶴田店
〒320-0851
栃木県宇都宮市鶴田町221-1
TEL:0120-200-075 または TEL:028-649-0181
※フリーペーパーについてのお問い合わせはONLY FREE PAPERまでお願い致します





2017-01-29 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

「鶴と亀」が大好きなおじさんが渋谷に集結します

TTK-daisuki-ojisan


鶴と亀」というフリーペーパーがあります。

長野県飯山市のおじいちゃんおばあちゃんがたくさん載っている冊子です。
発行人である小林くんのバックグラウンドの一つである《ストリートカルチャー》が色濃く反映された結果、
《ストリートカルチャー》×《おじいちゃんおばあちゃん》というテーマのフリーペーパーが生まれました。

テーマや視点だけでなく、《本》として非常に丁寧に作りこまれている「鶴と亀」は瞬く間に話題になり、小林くんは一躍話題の人になっていきました。

地元・長野県のローカルテレビでドキュメント番組が制作されました。(しかもゴールデン!)
http://sbc21.co.jp/blogwp/special/broadcast/2624

どこでも地元メディア「ジモコロ」でのロングインタビュー。
http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/kakijiro005【前編】
http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/kakijiro006【後編】

神楽坂の本屋さん「かもめブックス」で展示が行われました。
http://kamomebooks.jp/gallery/332.html

その他、非公式に(?)拾われてる記事は数知れず。

なにはともあれ、冊子を読んでいただければ、楽しさがわかりますので実際読んでみてください。もう在庫ないみたいですが。(閲覧専用ですが、ONLY FREE PAPERにお越しいただければ過去のバックナンバー読めます)
で、ここまで有名になってしまうと「どうせ調子こいてるんでしょ?」とか「天狗になった」とかあるわけですよ、もう確実に。
しかし、まだここでは、これが一番すごいんじゃないかと思うことについて言及してないんですよ。
それは何かと言いますと、

小林くんがいいやつすぎる!

これですよ。
その「普通」さは、数知れない人を魅了するんですよね。(おじさんを中心に)
こればっかりは実際会ってみないとわからないということで、小林くんに長野から来てもらいます!!
ついでに鶴と亀および小林くんが好きすぎるおじさんたちにもお集まりいただきます。
場所は、渋谷のど真ん中、HMV&BOOKSです。
アイドルもでなければ作家さんもでません。ミュージシャンもでないしサブカル界の大御所もでません。出演は、おじさんだけです。

俺だって鶴と亀大好きおじさんだぞ!!という方、是非是非ご参加ください。HMVをおじさんで埋め尽くしましょう。
※注:もちろんおじさんじゃなくても大歓迎です。


鶴と亀大好きおじさん
日時:2017年2月4日 19:00-
場所:HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース
参加:無料
内容:フリーペーパー鶴と亀にまつわるトークイベントです。
出演:徳谷柿次郎(ジモコロおじさん)
   柳下恭平(かもめブックスおじさん)
   土屋誠(BEEKおじさん)
   松江健介(フリーペーパーおじさん)
   小林直博(鶴と亀発行人)


2017-01-25 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

「まちの魅力に出会うフリーペーパー展」名古屋で開催 

1701_2F_flyer_final

突然ですが、「ぶらり港まち新聞」というフリーペーパーをご存知でしょうか?
特に渋谷PARCO時代のONLY FREE PAPERへ足を運んでいただいた方は見覚えがあるのではないでしょうか?

burari
2011年から2015年まで発行された「ぶらり港まち新聞」全10号

名古屋の港まちづくり協議会さんから発行されていたフリーペーパーは、名古屋港周辺の港まちの「ヒト、モノ、コト」にスポットを当てた新聞で、シンプルながら印象を残すデザインとともに当店でも人気の冊子でした。

一方で、
「本当にまちのためになっているのか?」
「この先、継続的に活動していくために体制を検討するべきではないのか?」
ある程度の大きさで活動を続ける団体であれば、どこにも必ず起こる課題や問題も例外なくありました。
また、フリーペーパーという効果測定が見えにくいメディアであることによる弊害もあったように思います。

この先、港まちづくり協議会さんでは新しいメディアを立ち上げることを近い目標としています。
そのために、《過去》いままでの港まち新聞の歩みを振り返り〜《現在》全国で発行される地域系フリーペーパーおよびその活動を観察し〜《未来》この先、港まちづくり協議会さんが立ち上げるメディアを、港まちがやるべき未来を、考察します。
そして、やはりそこは[紙]というメディアにこだわってみたい。多角的に展開するにしても[紙]メディアはやっていきたい。
以上の流れを一連の展示とし、港まちづくり協議会さんの新しい拠点となるポットラックビルディングで行います。
見る、読む、考える、参加する、様々な楽しみ方ができる展示になると思います。

会期中は、関連トークショーやワークショップなども盛りだくさんです。
約2ヶ月間行っておりますので、是非ご来場ください。


まちの魅力に出会うフリーペーパー展 まちとツナガル僕らのツール
日時:2017年1月28日(土)- 2017年3月25日(土)
   11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)※2月8日(水)のみ13:00-19:00 
   なお、日・月は休館日になります。
場所:Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F:project space
入場:無料
主催:港まちづくり協議会
協力:ONLY FREE PAPER
イベントの詳細な情報はこちら


また同時開催の展示も大変興味深いモノばかりなので、掲載させてください!
同ビル内や近くのギャラリースペースで開催しているのでこちらも是非!
※下記の展示はONLY FREE PAPERは関わっておりません。だた行っていただきたいだけです。

kaiga2DM

絵画の何か Part2
日時:2017年1月28日(土)- 2017年3月25日(土)
   11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)※2月8日(水)のみ13:00-19:00 
   なお、日・月は休館日になります。
場所:Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F:exhibition space
入場:無料
企画:佐藤克之/Minatomachi Art Table,Nagoya[MAT,Nagoya]
主催:港まちづくり協議会
協力:K.Art Studio,SHUMOKU GALLERY,MISAKO&ROSEN,増田知恵
イベントの詳細な情報はこちら

1612_botao9DMsai-01

平山昌尚|絵
日時:2017年1月28日(土)- 2017年3月25日(土)
   11:00-19:00(入場は閉館30分前まで) なお、日・月は休館日になります。
場所:Botao Gallery
入場:無料
企画:渡辺英司/Minatomachi Art Table,Nagoya[MAT,Nagoya]
主催:港まちづくり協議会
イベントの詳細な情報はこちら


2017-01-23 | Posted in NEWS2 Comments »