NEWS

“Takumi Morohashi solo exhibition presented by tokyomodernstyle” 11.5-11.13

バナー画像
東京のアート・カルチャーを紹介するフリーペーパーtokyomodernstyle、その紙面で特集した美術家・諸橋拓実氏の個展をヒガコプレイスで開催します。
フリーペーパーの表紙にもなっている写真作品「ファッションスナップの向こう側」をはじめ、諸橋拓実氏の個性的な作品の数々をヒガコプレイス内にて展示。
11/5(土)と11/13(日)には、tokyomodernstyle諸橋氏によるトークイベントや、シルクスクリーンのワークショップ、氏が開発したカードゲームの実践披露など興味深い催しが行われます。

<イベントタイムテーブル>
11/5(土)
14:00~シルクスクリーンのワークショップ
17:30~ポッドキャストの公開収録&大平民(カードゲーム)の実践披露
11/13(日)
14:00~シルクスクリーンのワークショップ
17:30~トークイベント&大平民(カードゲーム)の実践披露

その他、展示会期中はZINEの販売や、アーティストグッズなどの販売がございます。

以下、諸橋氏からコメントが届いております!!
img02

“日頃から、美術偏差値に磨きをかけている皆様、こんにちは。無駄なことのプロ、もろはしたくみです。
社会には、皆様が大好きな「アート」で溢れています。
巷に溢れた美術書などを読み聞き、純粋な美術教育を受けてきた美術愛好家の方々には、教育に悪いことでしょう。
そう、世の中には可愛くて、かっこよくて、綺麗で、オシャレな美術がごまんとあります。
わざわざこんな教育の悪い美術を鑑賞する必要はありません。

この作品を見ても、心に何も残りません。
驚きもしないし、感動もしない。身体に何も残らない。毒素がない。これこそがデトックスアートなのです。

健康第一!!”

もろはしたくみ

・「ファッションスナップの向こう側」 img03 ファッションを否定すると、すぐ嫌われます。布なのに。
僕たちはただの布を否定しただけなのに、その人個人を否定したことになってしまう。
なぜでしょう。洋服なんてただの布です。服装がその人の全てではないはずです。
暖かいか涼しいか、大事な部分が隠されているか晒されているか。 それだけでいいのではないでしょうか。
ということで、オシャレな人より目立ってみました。
オシャレな人たちの向こう側に彼が居ます。
これは、彼らのポートレートであり、僕のファッションスナップです。

・「木彫りのプー」 img04 日本にもいます。
お馴染みのマスコットキャラクター。
どこかで一度は見たの事のある、実家の片隅に放置されて、ホコリをかぶったマスコットキャラクター。
無邪気に鮭を咥える姿がなんとも愛らしい。
本当は鮭を食べるプー。
人もたまに襲うプー。
冬は寝てるプー。
ハチミツはそんなに食べないプー。

・「ストリート板前」
img05
寿司が食いたい。でもお金がない。
どうして寿司は高級な食べ物なんだ。
お金持ちじゃなきゃ食べられない。
米の上に生魚を置いただけの
ダサい食べ物なのに。
でも美味しい。そうやって寿司の事ばかり考えていたら
街の白い部分がだんだんシャリに見えて来た。

・「大平民」(カードゲーム)

※画像はございません。

大貧民とか、大富豪とか、そう言う事決めるから争いや揉め事が起こります。
煩悩を無くして、平凡な毎日を送れたら、どんなに平和な毎日が過ごせるのだろう。
そんな人はきっと、平民のプロだ。
キングオブ平民。
平民の地位を奪い合う、
そんなカードゲームです。

・「ヘタニカ」
img06上手なのが「ゲルニカ」で、
下手なのが「ヘタニカ」です。

・「ソフトな晩餐」
img07名画「最後の晩餐」の約 1 ヶ月前を描いたのが、
名画「ソフトな晩餐」です。

・「即埋葬」
14799033_888701424563257_358694295_n

 

・「脱ぐ像」
img09

 

Takumi Morohashi solo exhibition presented by tokyomodernstyle
【会期】11月5日(土)〜11月13日 11:00-19:00
(展示初日の5日と最終日の13日には、イベントがあります。詳細は本文をご参照ください)
【会場】ONLY FREE PAPER ヒガコプレイス店 (東京都小金井市梶野町5-10-58)
-JR中央線「東小金井駅」北口より徒歩3分-
【入場】無料


2016-10-23 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

フリーマーケット ” オンフリマ ” 開催!!

来たる11月3日文化の日、当店も入居させていただいております東小金井駅高架下のコミュニティステーション東小金井最大のイベントが今年も開催されます!!

14500634_641070876061528_3435725566218892018_o

《家族の文化祭》と名付けられたこちらのイベントは一年に2回(春と秋)に開催され、多摩地域で活動される方々中心に食・雑貨・音楽・遊びなどなどのジャンルから様々な方をお呼びしみんなで盛り上がる、そういったイベントになります。
前回、前々回と1日で約3000人[これ東小金井換算するととんでもない数字です]もの人が集まるとても賑やかなイベントなのです!
ちなみに今回のテーマはずばりです!

そのイベントに当店ONLY FREE PAPERが今回初めて(!?)参加することになりました!
家族の文化祭との連動企画といたしまして、フリーマーケットをやらせていただきます。

14711582_1151725164919150_4667784085449436282_o

「オンフリマ」と題したこちらのフリーマーケット、ただのフリーマーケットではございませんよ。
それは、今回出店していただける出店者さんをご覧いただければわかっちゃうと思います。なんせ全5組すべてヘッドライナー級の超豪華ラインナップになっているわけですから!!
それではさっそく、本当に簡単ではございますが各出店者さんのご紹介をさせていただきます。
それぞれにフリーペーパーを発行しているあるいはしていたということがフリーペーパー屋が主催するフリーマーケットとして一応設けられた理由付けになりますが、単純に面白そうということでお声かけさせていただいたので、、正直、、、すごいですよこれ!!

郷土菓子研究社
「世界各国各地には、未だその地に眠っているお菓子があるだろう、そんなお菓子を発掘するべく旅に出た。」フランスの菓子屋での勤務後、2012年6月から自転車でユーラシア大陸を横断。行程550日、走行距離6600km。自転車で世界を駆けた郷土菓子研究社・林周作氏が今回初めて外のイベントに出店します。
旅の手記を綴ったフリーペーパーTHE PASTRY TIMESが話題となり本も出版されました。現在は原宿にお店も構える郷土菓子研究社。200種類を超えるお菓子の中から厳選された世界のお菓子が小金井に!??

https://www.facebook.com/onlyfreepaper/posts/1291834547494482

SUNNY BOY BOOKS
学芸大学にお店を構える古本を中心としたブックショップ。わずか5坪の店内には料理、ライフスタイル、絵本、コミック、海外文学、日本文学、詩集、思想、哲学、映画、音楽、建築、デザイン、写真、美術などたくさんの本が並びます。
そんな秘密基地のようなワクワクをそのままに目黒区から小金井市へ!
本はもちろん、雑貨なども出展してくださる予定とのことです。

https://www.facebook.com/onlyfreepaper/posts/1288303284514275

ジモコロ
イーアイデム×バーグハンバーグバーグ。どこでも地元メディア「ジモコロ」がこちらも外のイベントに初出店です!どこにでもオモシロはコロがっているというものをもっとうに全国各地を渡り歩き本当にオモシロを見つけてきてしまうあるいはオモシロに変えてしまうチームジモコロはやっぱりすごい。そんなチームジモコロが全国で見つけた印象に残る郷土品を引っさげてやってきます。
そして、発酵おじさんと仮説おじさんも来ます。(?)
ジモコログッズも持ってきてくれるという、ジモコロの初イベント出店。見逃すのはもったいないですよ!

https://www.facebook.com/onlyfreepaper/posts/1293076907370246

鶴と亀
フリーペーパー界のヤングスターとして一気にスターダムに躍り出た鶴と亀。当店でもお問い合わせ件数No.1。おじいちゃんおばあちゃん×ストリートカルチャーの衝撃は今だにフォロワーを生み続ける驚異のフリーペーパー「鶴と亀」。発行人の小林くんが、地元長野県・飯山市の魅力を小金井まで届けに来てくれます。もちろん鶴亀グッズもあります。
さらには、ジモコロとのコラボも!?当日何が起こるかはたまた起こらないのか、お楽しみです!

https://www.facebook.com/onlyfreepaper/posts/1289571761054094

hama158cm & ベトナム料理ぺぺfeat.ガラクタ
西八王子に位置する、ミラクルな出会いを創出するその名も喫茶ミラクル。そんなミラクルで出会ったこれまたミラクルな人たちがこの度出店してくれます。愉快なイラストレーターhama158cmさん、ベトナム料理ペペさん、さらには喫茶ミラクルに併設されたペペさんが営んでいるガラクタ屋さん。もうここだけですでに祭りです。
グッズ、バインミー、ガラクタ。愉快で愉快で嫌なこと全部忘れちゃおう!!

https://www.facebook.com/onlyfreepaper/posts/1290545380956732

※50音順

イベントを楽しむもよし、出店者さんめがけて来るもよし、近くだからとりあえず行ってみるもよし。コミュニティステーションを見学に来るもよし。(今年度のグッドデザイン賞に選出されたようです)
今後こんな豪華なメンツが揃うことはないかもしれません!最初で最後!?かもです。

11月3日!東小金井!!10時から!!!

お待ちしております!!

———————————————————————————————————————-
オンフリマ in 家族の文化祭
【日時】11月3日(木) 第1部 10:00-16:00 第2部 18:00-21:00(持ち込み方式の手巻き寿司大会を予定)
【会場】ONLY FREE PAPER ヒガコプレイス店(東京都小金井市梶野町5-10-58)
-JR中央線「東小金井駅」北口より徒歩3分-

【主催】ONLY FREE PAPER(なお、家族の文化祭の主催は東日本旅客鉄道株式会社および株式会社JR中央ラインモールになります)
【協力】株式会社リライト
———————————————————————————————————————-


2016-10-14 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

フリーペーパーの沼会議 〈私たちはフリーペーパーに何を望み、どこへ向かうのか?〉

01

 

フリーペーパーはとても魅力的な媒体です。

ただその魔力は案外強く、人を“フリーペーパーの沼”に引きづり込んでしまいます。
この沼は何なのでしょう。先の見えない底なし沼? それとも楽しいどろんこ大会?
 

今回ONLY FREE PAPERでは発行者さんの日頃の悩みに応えるべく、
フリーペーパー発行者のための会議を発足します!

会議といっても、そんな堅苦しいものじゃなくて、
気軽に集まってラフにフリーペーパーについて語り合える、
発行者さん同士の情報交換の場になればと思っております。
 

フリーペーパーってなに?
何のために発行しているの?

発行したはいいけれど、これからどうしよう。
もう何号も出しているけど、この先も続けていくべきなのかな。

フリーペーパーの悩みは尽きないことと思います。
ONLY FREE PAPERで一緒に考えてみませんか?

 



日時
10月16日(日) 15:00-17:00

場所
ONLY FREE PAPER ヒガコプレイス店

参加費
無料

参加者
フリーペーパーをつくっている方、以前つくっていた方、発行に関わっていた方など
フリーペーパーに関係ある人なら誰でも自由に参加できます。
可能であれば、発行されているフリーペーパーをご持参ください。

参加希望や、ご興味のある方は、
下記のアドレスまで件名を「沼について」としてメールをお送りください。
info@onlyfreepaper.com (当日参加も歓迎します)
 

主催
ONLY FREE PAPER


2016-10-09 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

ヒガコプレイスを使って色々やりたい方募集します!

ONLY FREE PAPERヒガコプレイス店、スタッフ募集致します。

8月7日の渋谷パルコの一時休館に伴い、(9月11日現在)唯一の店舗となっておりますONLY FREE PAPERヒガコプレイス店ですが、まず場所から説明する必要がありそうなので、サクッと説明させていただきます。

吉祥寺の近く!新宿から20分くらい!渋谷からでも30分ちょい!

はい、なんか近そうですね。
東京都小金井市というところにあります。最寄駅は東小金井駅です。(中央線で忘れ去られる駅TOP5には必ず食い込んでくる強豪です)
そして、この「ヒガコプレイス」ですがこちらは企画展示スペースとなっておりまして、常設店舗としてONLY FREE PAPERが入居しております。
ですので、フリーペーパー専門店の顔もありつつ、イベントスペースでもあるわけであります。
小金井という街は、緑は豊富ですが特に何があるってわけではありません。面白いこと、面白がれること、そういうものをここヒガコプレイスから発信していき街が少しでも盛り上がっていけば良いと思っております。

そ・こ・で!!!

今回は、ONLY FREE PAPERのスタッフとして、特にイベントをやってみたい!や何か企画を作っていきたい!そういう方を募集します。
ヒガコプレイスまたはONLY FREE PAPERというフォーマットの上で様々なチャレンジをしてみたいという方を欲しております。
もちろんお店について、どんなお店なのかということを感じていただかないとイベントをするにしても難しい部分もあると思いますので、お店番やその他もお手伝いいただくこともあるかと思いますが、今回は主にイベント企画・運営ということを主に募集致します。

募集事項は以下になります。
・ONLY FREE PAPERという土台の上で何か企画してみたい方。
・小金井を愛している方。
・地域・マチづくりというものに興味のある方。
・比較的時間を自由に使える方。
・東小金井へのアクセスが良い方。
・フリーペーパーが好きな方。
・フィジカルとメンタルに自信のある方。
・バックレない方。
・「酒を飲めないメガネ」でない方。(枠がいっぱいです)

もちろん全部なきゃダメというわけではありませんし、どれかひとつ必ずなきゃダメということでもありません。
マストの項目もあるといえばありますが、あれば良いなーというくらいです。
気になった方はとりあえずご連絡いただけますと幸いです。

ヒガコを盛り上げていきましょう!!

※基本的にはボランティアスタッフになりますが、イベントの成果での報酬はございます。

連絡先:
info@onlyfreepaper.com
(件に「スタッフ募集について」とご記入いただけますと幸いです)

10月10日現在、募集は一旦締め切らせていただきました。ご応募ありがとうございました。

ヒガコプレイス
http://www.higako-place.jp

https://sheage.jp/article/5592
https://sheage.jp/article/5626
https://www.dripar.jp/pc/article/?id=1069





2016-09-11 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

フリーペーパー on MUJI BOOKS by 無印良品 

MUJI BOOKSってご存知ですか?
知らない?
では、無印良品はご存知ですよね?

「無印」でお馴染みの、株式会社良品計画さんが運営されております無印良品。その無印良品さんが展開しているのがMUJI BOOKSです。
全国各所に存在する無印良品さんですが、そのうちの主要数店舗にて、本をかなりのウェイトで店内に配置し、もはや本屋とも言える程をなしているコンセプトショップがあります、それがMUJI BOOKSです。主な店舗では有楽町店キャナルシティ博多店があります。こちらの取り扱い冊数はそれぞれ2万冊、3万冊となっており、レイアウトのダイナミックさも相まって圧巻の一言です。是非一度足を運んで体感してみてください。(なお、キャナルシティ博多はまだ行けておりません)
特徴的なのは、くらしの「さしすせそ」と定義された無印良品さんらしいコンセプトに裏付けされたセレクトです。飾らない生活、素のままの生活、そういった人々のありのままの「生活」に比重を置き、その文脈にそった本たちが様々な角度からセレクトされております。眼に映っている部分や表層の部分だけではなくそのモノやコト、社会や文化、ほぼ全てにそこに至るまでの過程があります。文脈が存在します。本はそれを語ってくれるものの一つであり大変ありがたい媒体です。
無印良品さんで扱われている商品はシンプルなものが多いですが、シンプルであるがゆえにそこには見えない部分の、一つ一つのストーリーが多く含まれているように感じます。その部分を本という媒体を用いて楽しむということは、繰り返される毎日にちょっとした豊かさを運んできてくれるかもしれませんし、また違ったものの見え方などができて楽しいのではないかと思います。

そんな体験ができるMUJI BOOKSですが、この度岡山県岡山市にあります岡山ロッツ店のリニューアルのタイミングでこちらの店舗にも導入されることになりました。そしてなんと、こちらのMUJI BOOKSでは、フリーペーパーの導入が初めて開始され、当店ONLY FREE PAPERでディレクションを担当させていただくことになりました!!
無印良品さんでは、Open MUJIというイベントスペースを、こちらも数店舗で展開しておりますが、岡山ロッツ店でもこのOpen MUJIが店内に設けられています。そして、岡山ロッツ店ではこのOpen MUJIをより積極的に地元周辺で活動されている方々や各地方で活動や商売をされている方々に解放していくということでそのような、地域の方々とコミットしコミュニティを生成していく場所を目指す岡山ロッツ店のコンセプトとフリーペーパーの親和性がすごいということで、このような前代未聞のコラボレーションが生まれました。

IMG_3602
クーポン誌だけではなく全国には読んで面白いフリーペーパーがたくさんあるので、知って、読んでいただきたい。
これは一番根源のところにある当店のコンセプトです。つまり色眼鏡でみることなく無料だろうがなんだろうが「良いものは良い」と思ってもらうこと、そして楽しんでもらうこと。当店がずっとやってきていることです。そのために色々な入れ物を用意してきました。「無料であること」が作品の質にとってネガティブに働くことがあるならそれをそうさせないようにするのが僕らの仕事です。
そういう意味では、今回の無印良品さんでのお取り扱いはONLY FREE PAPERの着地点の一つといっても過言ではないかもしれません。

渋谷PARCOの6Fから4Fに移転した時に、当店の向かいには無印良品渋谷パルコ店がありました。当時は無印と同じフロアでそれもご近所ということに良い意味でも悪い意味でも戸惑いがありました。そしてその視点は明らかに第三者からの視点でした。あれから4年。とても感慨深いです。まあ、個人的なことはここではいいんです。

ともかく!無印良品岡山ロッツ店MUJI BOOKSでフリーペーパー導入しました!!9月1日オープン!!!(もうしています)
お近くの方は是非!
規模は有楽町や福岡には及びませんが、絶妙なセレクトの書籍たち、日本ではほぼほぼお目にかかれないという中国の趣たっぷりの本、岡山周辺地域に特化したセクションなど見所はそりゃもう!!
そして、(ONLY FREE PAPER的)メインのフリーペーパーは「地域」「地方」というテーマを中心としつつも、それだけに留まらず幅広いテーマのフリーペーパーをセレクトさせていただいております。今後も定期的に新着冊子と追加冊子を納品していきますので、楽しんでいただければ嬉しいです。

よろしくお願い致します。

ONLY FREE PAPER ・ 松江

【SHOP INFO】
無印良品 岡山ロッツ店
岡山県岡山市北区中山下1-11-54 LOTZ 4F
《JR山陽本線(赤穂線・伯備線)・宇野線(瀬戸大橋線)・津山線・吉備線「岡山駅」より天満屋行きバスで「天満屋バスステーション」下車すぐ》
TEL:086-224-1551


2016-09-03 | Posted in NEWS4 Comments » 

 

第2回「雑談カフェ」のお知らせと第1回レポ

IMG_1658
 
土曜の昼下がり、おいしいコーヒーを飲みながらゆったりと思考のストレッチ&ワークアウトしてみませんか?

先月よりヒガコプレイスで始まりました雑談カフェ、さっそく第2回目の日程が決まりました!

今回のテーマは「人間にとってどこまでが義務なの?」です!
私たちにとって「守るべきもの」ってなんなんでしょうか?法律?マナー?
ルール?そもそも、義務というのは守るべきものなんでしょうか?漫画ではよく、「掟は破るためにある!」なんて、生きのいいキャラがかっこよく宣言してますよね。でも破るためにあるのに、それは本当に掟と言えちゃうんでしょうか。

ちょっと考えてみるだけで、いろいろな不思議が出てきます。ぜひ、一緒に考えを巡らせてみましょう。
少し重たいかも・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、日常的に親しみのあるシチュエーションから考えてみようと思うので、気負わずにいらっしゃってください!

【雑談カフェについてはこちらから】


日時: 7/9(土) 15:00〜17:00
料金:500円(ワンドリンク制)
場所:ONLY FREE PAPERヒガコプレイス店
人数:15名
※参加ご希望の方はinfo@onlyfreepaper.comまでご連絡ください。


以下は前回の様子のレポートになります。

——————————————————————————————————————-

6月4日、ヒガコプレイスにて哲学カフェならぬ、雑談カフェが開催されました!ONLY FREE PAPERが老若男女にとってのサロン的な場として使われていくのもいいかもしれない、という想像のもと、その第一歩として「雑談カフェ」が開催されることになったわけです。

ここで、初回レポートということで雑談カフェのモデルである「哲学カフェ」について簡単に紹介したいと思います!

■WHAT’S 哲学カフェ?
皆さんのなかにも親しみのある方はいらっしゃるかと思いますが、哲学カフェというのは、その名の通り「カフェで哲学する」場です。しかし、ここでされる哲学っていうのは、そんなに小難しいものではないんですね。難しい哲学書を参考にしながら難しいことを考えるということは、哲学者達が勝手にどこかでやってくれます。哲学カフェでは、むしろ日常でゆっくり考える機会がない人に向けて、日常に潜むいろいろな疑問について考えてみる機会を設けよう!というテーマで行われています。なんとなく、日々過ごしていくなかで感じたことのあるちょっとした疑問を、何人かで一緒にときほぐしていくのです。一人で考えると、堂々巡りしてなかなかトンネルから抜け出せないけれど、人と一緒に考えると自分では見えてこなかった考え方にたどり着く。そんな体験を目指して哲学カフェは開かれているわけです。

DSC_0007

■第1回雑談カフェレポ

今回は学生さんを中心に7名の方に来ていただきました。なかには、フリーペーーパーの作者の方もいて、フリペ屋さんとして嬉しいメンバーが揃ったなという実感です。
そんな多種多様な人が集まった7人で、今回話し合ったのは「流行」について。
皆さんは流行ってどういうものだと思いますか?
個性ある人間を画一化の波で呑んでしまう敵?
何もしなくても、時代にあってるスタイルを提案してくれる便利な道具?
それに乗ってさえいれば、他人と話が捗るコミュニケーションツール?

上にあげたようなことが、7人の方々からどんどん提案されました。ちなみにみなさん、初対面です。しかし、みなさんは臆することなく自分の意見を相手に伝えます。会ったこともない人とこんなに話が盛り上がるなんて素敵ですね!

話が逸れました。流行についてですね。

DSC_0062

そう、流行に対するイメージというのは人それぞれ。ネガティブな印象もあればポジティブな印象を持っている人もいました。
しかし、ネガティブな印象を持っているなら、その人は流行というものをどう捉えているからなのか。反対に、ポジティブな印象を持っている人は、流行をどう利用しているのか。7人から出されるいろいろな観点から、流行の使い方、捉え方が提案されます。

その中で、印象に残った回答がいくつかあります。

「僕は、自分のこだわりが特にない分野で、無難な水準に乗っておくために流行を参考にします。」
一人の男子大学生が言います。
これには、みんなが割と納得。確かに、あまり自分が興味のない分野でそれなりのスタイルで落ち着くために流行を取り入れたりしますよね。

同じ人がさらに一言。
「でも、僕は流行から自分の『好き』を見つけることもあるんです。」

ほお〜〜、確かに。みなさんにもこういった経験があるのではないでしょうか?なんとなく、流行を取り入れてみたら、意外とその分野の楽しさを味わった。すると、流行となっている部分だけではなく、その奥を知る機会として流行が作用するわけですね。

「流行に一回乗ってみることで、ある分野の楽しみ方を知る。」
これ、けっこう身に覚えがあるように思えます。
流行が、何かを奥深くまで楽しむようになるためのきっかけとしての効力を発揮してくれるんです。

つまり、流行はある分野の門のような役割を持っている。

だからこそ、すでにディープな世界まで踏み込んでいる自覚のある分野での流行には、あまり乗ることがないんですね。

なんと、7名が納得してしまう結果がでてしまいました…。
ひとまず、「流行」に対する議論はここで終えることになります。

DSC_0059

今回の雑談カフェでは、わりと答えとして納得してしまうものがあっさり出てしまいました。テーマが、少し狭すぎたのかもしれません。もっと全員でモヤモヤしたかったのですが、想像していたより早く結論が見えてきてしまいました。

この反省を生かして、次回はもっと広範囲のテーマを据えて、もっと思考の体操となるような会にすることができるようにしたいと思います。

しかし、今回はみなさんが遠慮せずに意見を言ったり、人の意見に丁寧に耳を傾けたりする姿がみられたので、主催側としても嬉しいものでした。

次回以降、参加してみたいなと少しでも思った方、ぜひぜひいらっしゃってください!
いろいろな人と話を白熱させながら楽しみましょう。


2016-06-19 | Posted in NEWSNo Comments »