NEWS

ヒガコプレイス店 スタッフ募集

この度、昨年の11月から営業しておりますONLY FREE PAPERヒガコプレイス店にてスタッフを募集することになりました。

小金井市に位置するヒガコプレイス店にてお店番をしていただくのが主な業務になりますが、その他ONLY FREE PAPERを含めた同施設での企画・運営にも携わっていただくことも可能です。
といいますか大歓迎です。

週1回とかでも問題ございませんので、フリーペーパーやオンリーフリーペーパーに関心のある方、それらに埋もれた中で働いてみたい方、是非ご連絡いただければと思います。

年齢・性別・ご職業・細かい条件はございません。

下記リンク先より応募を受け付けております。
よろしくお願い致します。

http://www.re-write.co.jp/news


2015-02-15 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

なかはらと不治 「かくうのねんまつ」

ねんまつかくうの

ヒガコプレイス店がオープンして早いもので1ヶ月が過ぎ、2014年もあと数日を残すのみとなりました。

何かと忙しい時期に入っていきますが、ONLY FREE PAPERでは架空の年末をご用意いたします。

以下、架空の年末を作りだしてくれる2人から

「実家の犬がこたつに潜り込んでいくのを見て、あの童謡の歌詞は何だったのだろうと思った。年越しカウントダウン前に眠ろうとすると驚かれることがある。
そういう時、かくうの年末をこしらえて、かくうの来年を夢みるのだった。
白黒歌合戦をいつか見られたらいいのになと思う。
あるいは赤青歌合戦を!」(不治)

「年末独特の空気があまり好きではなくて、いつもいつも早く終わらないかなあと思っていた。大掃除に紅白、年越し蕎麦におせちの用意。休みなのに心は休まらないし、ソワソワと落ち着かなくて、手持ち無沙汰だ。
展示のテーマが架空の年末に決まったときは、心底、不治さんを尊敬した。なんだその提案、天才かよ。そうか、架空の年末をつくればいいのか。これでわたしも今までの年末とはおさらばだ。
手持ち無沙汰なみなさん、年末に疲れたあなたも大歓迎、一緒にかくうのねんまつをつくりましょう」(なかはら)

当店店舗再開後最初の催しです。
それぞれの「ねんまつ」ご用意してお待ちしております。

※当催しはONLY FREE PAPERヒガコプレイス店のみとなります。渋谷のスペースでは行っておりませんのでご注意ください。

かくうのねんまつ
日時:2014年12月21-28日
場所:ONLY FREE PAPER ヒガコプレイス店
http://onlyfreepaper.com/
higako-place.jp/

やる人
不治
真冬にサマーソングを聞きながら通勤することを日々の楽しみとしております。
twitter:@_6519939093182
blog:nemuranaiinu.blogspot.jp
なかはら
似ている芸能人はスヌーピーと食パンマンと大仏です。キャッチフレーズはなかなかはらはらさせるぜ!なので、みなさんをハラハラさせていきたいと思います。
twitter:@msaaaaann
blog:http://m0820.jugem.jp


2014-12-10 | Posted in NEWS1 Comment » 

 

ヒガコプレイス店 オープンします

渋谷パルコの「店舗」から約1年、、、

突然ですが、、、ONLY FREE PAPER「店舗」復活致します。

場所は、東京のど真ん中です!!地理的にですがね。
東京都小金井市の東小金井という駅にできます「ののまち」という小さく新たなまちにONLY FREE PAPERが出店することになりました。

この小金井市という町ですが、東京都の中でもいわゆるマイナーな町でスタジオジブリに非常に密接な地域であることや小金井公園があること以外は特に突飛したものがなく閑静な住宅地という町です。

では、何故そのような場所に出店したのかということですがわたくし松江の地元で思い入れがあるということも多少含まれていることは否定できませんが、「ののわ」というプロジェクトがひとつカギになっています。
この「ののわ」というプロジェクト(http://www.nonowa.co.jp/)ですがJR中央線の三鷹~立川間に跨るまちおこしプロジェクトで、発足されて間もないものでもあります。
この地域は数年前までいわゆる「開かずの踏切」といわれたびたびメディアでも取り上げられる踏切がいくつもあり、まわりに特別何もないことも手伝って、そればかりが目立っているという少し残念なにおいが漂っておりました。
しかし数年前に線路の高架化が行われ渋滞が解消されたとともに中央線に断ち切られていた北と南が初めて顔を合せました。顔を合わせたはよいがお互いが人見知りの為その邂逅は特別な変化をもたらすことはありませんでした。というのが今日までのお話で、北と南の人見知りがなくなってきた今、お互いの手と手をとりあって人も街もまきこんで新しい文化を作っていこうというのがののわプロジェクトの概要です。
ののわプロジェクトの詳細は上記のリンク先によっぽど詳しいことが記載されておりますのでそちらをご参照いただければと思います。

ここでは何故ONLY FREE PAPERが小金井にできるのか、ヒガコプレイス店にはどういう特色があるのかというお話を少しさせていただこうかと思います。

前述のとおりこの小金井市は東京都でありながら「田舎」の性質を持ち合わせる地域であり、これはもはや地方であると僕は考えているわけであります。
地方は今とても盛り上がっており各所でその特色をいかしたまちづくりや文化が生まれてきており、東京より面白いことがおこってるのではないかとすら思うこともあります。これから何かをおこしていく新しいモノを生み出していくそこにONLY FREE PAPERとの親和性を感じました。かっこよくいえばチャレンジ精神のようなものでしょうか。
ONLY FREE PAPERが人と人、街と人、街と街のつなぎのような空間になっていけるよう精進できればと思っております。

ヒガコプレイス店の大きな特色は、ライブラリー機能であります。いままでONLY FREE PAPERでお取扱いのあった膨大な数のフリーペーパーをはじめとしたアーカイブスペースです。これらはお持ち帰りいただくことはできないのですがその場でフリーペーパーを読みつつ良い時間を過ごせるような空間をご用意しております。こちらでは軽い飲食も可能です。
もちろんお持ち帰りできるフリーペーパーたちも設置致します。
その他、ヒガコプレイス店では色々な「仕掛け」を用意しております。この「仕掛け」については営業していく中で様子をみながら設置していく予定です。

渋谷とは全く性質が違う場所での出店、キャットストリートのお店を始めた時ほどとまでは言いませんが新しくまた始まるという感覚が強く、どうなっていくかわかりませんが小金井のもっといえばののわのギアのような場所にしていく予定ですので楽しんでいただければ幸いです。

また、渋谷パルコの「スペース」は現状通り存在しておりますので引き続きご利用いただければと思います。さらにONLY FREE PAPERの本店も開店に向けて準備中です。といいますか物件を探しております。どなたかいい物件あったらご紹介ください!

なお、11月1日のオープンに先駆け、ヒガコプレイス店のお披露目会を前日の夜に行いますので是非お越し頂けれと思います。



ののみちまちびらき前夜祭
2014年10月31日(金)18:30-21:00
〒184-0002
東京都小金井市梶野町5-10-58
コミュニティステーション東小金井 ヒガコプレイス内
(JR中央線東小金井駅北口より徒歩1分。北口を出て頂いて高架下を右にお進みください。)
http://www.nonowa.co.jp/machibiraki/


2014-10-21 | Posted in NEWS2 Comments » 

 

フリーペーパーの狂気 2 開催!! 

flyer (1)

当店ONLY FREE PAPERのフリーペーパーラインナップの中でもひときわ異彩を放つフリーペーパー「松井どんぶり」。DQNの撲滅という大義の下、2012年の夏頃からほぼ週一回のペースで発行され、多くの人がその独特の松井節のとりこになりましたが多くがベールにつつまれたまま33号まで発行されてきました。
そんな松井どんぶりがついにベールを脱ぐ!(のかな?)

こちらも伝説となっているフリーペーパー「精神病新聞」(現在は休刊中)を発行されていた小林絵理子さんを引き連れ、昨年徳島へと移住された松井どんぶりが東京に帰ってきます。
フリーペーパーのこと、DQNのこと、男と女のこと、などなど松井さんと小林さんがしゃべり尽くします。

この貴重な機会は逃さない方がよいですよ。

【イベントにあたり、松井さんからコメントが届いておりますのでご紹介致します。】

前回、ブックスルーエのカリスマ書店員、花本さんと作家のトミヤマユキコさんがイベントをされたということで、フリーペーパーというものに対して、爽やかでスタイリッシュなイメージを持った方が増えたのではないでしょうか。しかし、そうではないフリーペーパーもあるんだよ、ということを徳島でずっと言ってたんですけど、誰も聞いてくれないので東京に来てイベントをすることにしました。ただ、言う場所を変えただけで話を聞いてもらえるのか、という懸念があり、僕が崇拝するフリーペーパー『精神病新聞』の作者、小林絵理子さんをお招きして、しかも入場無料という盤石の態勢で開催させて頂きます。
よろしくお願いします。

松井一馬



フリーペーパーの狂気 2~精神病新聞と松井どんぶり~
日時:2014年5月4日(日) 14:00~16:00
場所:武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22 (JR中央線吉祥寺駅南口から徒歩2分)
http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/koukaido/access.html
定員:20人 (申込みの先着順になります。お申込みはこちらからお願い致します。→http://onlyfreepaper.com/event/postmail.html)
入場無料 ※出演者からのおみやげがあります


2014-04-23 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

オープンKIITO、遅レポです

KIITO_01

3月22日(土)、神戸市のDESIGN AND CREATIVE CENTER KIITOの
イベント「オープンKIITO」にONLY FREE PAPERが出展してきました。
いまさらのこんな感じでしたというご報告レポです。


KIITO_02
オープン直後の棚。まだまだ在庫は潤沢でした。それにしても広いスペースはいいですね!


KIITO_03
こちらのテーブルにはちょいちょいレアものもありました。


KIITO_04
おなじみ金岡新聞はバックナンバーもずらり。


KIITO_05
こちらもおなじみ屋上とそらfree、こちらもバックナンバーがずらり。


KIITO_06
関西のフリーペーパーファンのみなさまにも楽しんでいただけてなにより。


KIITO_07
浦安のフリーペーパーsorekoko(柱の影ですみません)、0470も人気でした。


KIITO_08
辞書の本、こちらもバックナンバーでひと棚しめていたのですが、
おやつの時間には在庫が0に。

イベントの時間は13:00~18:00までという短い時間でしたが
15時頃にはかなりのフリーペーパーが在庫切れになってしまうという盛況さでした。
昨年秋の渋谷パルコでの店舗閉店(現在はスポットとして存続)以来、
久しぶりだったリアル店舗でしたが、いずれ店舗再開を!という強い気持ちも高まりつつ、
今後もこのようなイベント出展というカタチでの活動も
定期的に実施していきたいな…と考えています!!


2014-04-09 | Posted in NEWSNo Comments » 

 

オープンKIITOに出店します

open kiito


ONLY FREE PAPER久しぶりの地方出展のお知らせです。

3月22日(土)に神戸市にありますDESIGN AND CREATIVE CENTER KIITOで行われる「オープンKIITO」というイベントに参加させていただくことになりました。
このイベントに合わせてセレクトさせていただいたフリーペーパーを40~50誌展示・配布致します。中には特別にお願いをし展示・配布にご協力いただいたレアものもございます。
出展者自身も興奮しております。

全国のフリーペーパー・フリーマガジンをお取扱いさせていただいている当店ですが、東京以外の方々に楽しんで頂いたりお会いしたりする機会がなかなかないので関西地方の方々はこの機会に是非お足を運んでいただきたいと思っております。

当日は当店以外にもさまざまなコンテンツが用意されているようで、フリーペーパー目当てでなくても楽しめる内容になっていると思います。

ちなみにフリーペーパーの配布分は各誌部数に限りがございますので、持って帰りたい方は早めにご来場いただくことをお薦めいたします!



オープンKIITO
日時:2014年3月22日(土) 13:00~18:00
場所:DEISGN AND CREATIVE CENTER KOBE 「KIITO」
〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4
http://kiito.jp/schedule/event/article/7463/
※当日はONLY FREE PAPERスタッフも会場におります


2014-03-13 | Posted in NEWSNo Comments »