松井どんぶり

『球体マンガ』について

新社会人の皆さん、こんにちは。松井です。
新しい環境に緊張したり、まだ学生気分が抜けなかったり、色んな人がいることと思います。
こんにちは、松井です。
今回は、漫画をおすすめします。
大谷秋人さんの『球体マンガ』という作品です。
僕は本に限らず、人になにかを勧めるのが得意ではありません。
「こうこう、こうで、あーで、こんな感じのやつだから是非」という説明が、下手なのです。
しかしですね「この人はこんな作品が好きなんじゃなかろうか」と思って、
黙って渡して、結果気に入ってもらえることには定評があるのです。
気を使われてるのかもしれませんけどね。気を使わないでほしいものです。

前置きが長くなりましたが、僕はどちらかというと、○○が好きなら△△も好きなのでは?という勧め方が得意で
すので、そういうあれをしていきます。
つげ義春『ねじ式』
近藤聡乃『はこにわ虫』
小池桂一『ウルトラヘヴン』
横山裕一『ニュー土木』
長尾謙一郎『ギャラクシー銀座』
夢野久作『ドグラマグラ』
ウィリアム・バロウズ『裸のランチ』
羅列は以上です。
『球体マンガ』は、つげ義春『ねじ式』のような夢の中を描いた作品のようでもあり、水木しげる『猫楠』で
「ないんじゃなくて、あるんだけど、わからないもの」と表現されていた“死後の世界”の事を描いているようで
もあり、未来の話かもしれないし、別の世界線での話なのかもしれないし、幻覚ってこんな感じなんじゃない
かとも思うし、自分が知らないだけで、この世界に既に存在している世界の話なのかもしれないとも思います。
『球体マンガ』は、そんな“知らない、見えない世界”を、リアルに描いています。そんな知らない世界のルール
や法則や習慣が、どんどん流れ込んできて、読んだ時は衝撃でした。ただただ不思議な気持ちになりました。
いや、衝撃という言葉も、不思議という言葉も、しっくりこないですね。
今まで似たようなものを見た事がないので、どう言っていいかわからないです。強いて言うなら、是非です。



松井どんぶり松井一馬 Kazuma Matsui
『松井どんぶり』というフリーペーパーを作っている26歳の男です。求職中です。徳島に住んでいます。徳島には野良犬がいます。

Mail:matuikazuma1001@yahoo.co.jp
Blog:http://matsuikazuma.blog23.fc2.com/
Twitter:http://twitter.com/matuikazuma



2015-04-05 | Posted in 松井どんぶりNo Comments » 

 

Ichihara case について

オンリーフリーペーパーのサイトを観ている人は、なんていうか、お洒落な人ばっかりなんじゃないですか。
男は加瀬亮、女は水原希子みたいな人ばっかりなんでしょう?ジーンズメイトなんて絶対に行かないですよね。僕は22、3歳までジーンズメイト通ってました。迷彩柄のジャンパーみたいなの買ってましたよ。袖のところにジッパーがついてて、袖が取れます。今はユニクロを拠点にしていて、次は無印良品を拠点にしようと思ってますよ。
こう、どんな人に読んでもらえるのかなって考えたときに、お洒落な人ばかりってなると、ちょっともう書くことがないというか、お洒落達がどんなものに興味があるのかなんて、皆目検討がつかないわけです。『松井どんぶり』っていう名前も、松井のどんぶりなわけですから、なんかジーンズをメイトするっていうのと、ネーミングメカニズムかぶってるじゃないですか。ネーミングメカニズムかぶってます。
で、話戻るんですけど、お洒落お洒落じゃないに関わらず、みんなが好きなものの話をしていかないと、読んでもらえないと思うんです。なので、今回はみんなが大好きなカラオケについて書かせてください。
これは僕が多用するお約束なんですけど、カラオケに行くってなったときに、直前にインディーズバンドの話をがっつりしておいて、カラオケに入るなり一発目にkinki kidsの『ビロードの闇』を歌うとウケます。画面に『ビロードの闇』って出た時点で少しウケます。『カナシミブルー』でもウケることがありますが、『ビロードの闇』のほうが強いです。「イントロなしでいきなりサビから入る曲の方がいいのでは?」という意見もあると思うんですけど、丁度いいのが見つからないので、もし丁度いいのをご存知の方いましたら、教えてください。
僕が今まで言われて一番うれしかった一言は、カラオケで言われたんですけど、友達とふたりでカラオケに行ったときに、友達がSuperflyの曲を入れて、確か『ワイルドフラワー』っていう曲だったと思うんですけど、男なのに、芯のある裏声みたいなので、スーパーフライっぽく歌うわけです。それ見て「カッケー!」ってなりまして、すぐに真似してみたら、ちょっと同じようにできたんですね。その時に友達が「俺もお前も普通に今のやってるけど、これできる男まずいないからね」と言ってきて、嬉しかったですはい。
あとこれカラオケあんまり関係なくて、お洒落なカップルあるあるなんですけど、前に僕が古本屋で店番のアルバイトをしていたときに、店内BGMを自分が好きなのをかけてよくてですね、ある日リリィシュシュをかけていたらお洒落カップルが入ってきて彼氏の方が「市原隼人はあの時がピークだったね」と言ったんです。それから何度かリリィシュシュをかけて試してみたんですけど、お洒落カップルは5割の確率で「市原あの時ピーク」言いますね。ちなみに順調に進んでいた計画が、客観的には失敗していくように見えていても、当人は望んでそのベクトルに向かっている状態のことを、僕は『Ichihara case』と呼んでいます。盛者必衰ともまた違う、憂いを帯びた『Ichihara case』と相まって、『リリィシュシュのすべて』は素晴らしい映画だと思います。



松井どんぶり松井一馬 Kazuma Matsui
『松井どんぶり』というフリーペーパーを作っている26歳の男です。求職中です。徳島に住んでいます。徳島には野良犬がいます。

Mail:matuikazuma1001@yahoo.co.jp
Blog:http://matsuikazuma.blog23.fc2.com/
Twitter:http://twitter.com/matuikazuma




2014-02-18 | Posted in 松井どんぶり, PEOPLENo Comments » 

 

映画について

自分が映画監督になったらインタビューでなんて言おうかなって正月モラトリアムを使ってずっと考えてたんですけど、ひとまずまとまりましたので発表します。
「僕はハッピーエンドが嫌いなんだ。人生にハッピーは何度もあるけど、エンドは一度しかないからね。その二つが同時に来るなんてリアルじゃないよ。失礼、煙草を吸っても?」
にします。よろしくお願いします。
僕はしばしば「こんな職業に就いたらこうする」「もし女だったらこう生きる」というのをインタビューされることに限定して考えてしまうんですけど、まあ映画監督にこれからなるのも、女になるのも無いとは言えないので、日々準備を怠らないようにしています。ちなみに僕がもしバンドを組んだ時につけようとしているバンド名は『心の準備』(準備、という言葉が好きなのです。)です。よろしくお願いします。
正月はすることがないのでテレビばっかり観ますか、ってなったんですけど、ここ2年ほどテレビの無い生活をしていたせいか、テレビの楽しみ方を忘れてしまって、観たものといえばボクシングか、サッカーか、NHKでやってたドキュメンタリーくらいです。あと『スッキリ!!』を何度か観ました。
となるとそれ以外の時間は映画を観るしかないか、と僕の思考回路はそうなるんですけど、映画ってたまにガガーッと借りてきてガガーッて観ると、いいですよね。レンタルビデオ屋さんに行って選ぶのも楽しいですね。「5本借りるから、2本は楽しげなやつ、2本は悲しそうなやつ、1本はアニメで勝負してみるか」とか「このチョイスはさすがにレジで「センスいいですね」って言われるだろうな」とかですね。
お父さんに観ろと言われて最初に借りたのは『仁義なき戦い』です。最初は面白いなーって思って観てたんですけど、正月特有のリラクゼーション効果で途中で寝てしまい、目を覚ました時にはお父さんに銃口を突き付けられていました。南無三、と思って胸の上で十字を切ったんですけど、良く見てみるとテレビのリモコンでした。はい、確かにオチが弱かったのは認めますけど、お父さんはイタズラというか、悪だくみにかけては頭の回転が半端じゃなく、今回僕のこめかみにリモコンを突き付けたのも、仁義なき戦いを観てる途中に寝たから、リモコンを突き付けて起こしたらこいつ銃だと思ってびっくりするかな、と思ってやっている節があります。そしてその思惑通りびっくりしました。
若い時に砂糖の袋を大量に車に積んでおいて、警察に止められた時に押収されると、その際に「やめろー」と大暴れし、いざ鑑識に回してみたら砂糖、というアメリカンジョークを、むしゃくしゃした時に何度もやっていたそうで、お父さんのそういう遊び心精神は尊敬しています。
今年のお正月はお父さんと2、30本映画を観たんですけど、途中から映画よりも面白くなって続けていることがあって、それはDVDを借りに行く時に、お父さんが借りてきてと言ったやつと、「お父さんが観たことなさそうでお父さんが好きそうなやつ」と「お父さんがあまり観なそうなジャンルだけど、一か八か」のやつを2本借りて帰って、お父さんに「面白かった」と言わせたら勝ちという遊びです。「お父さんが観たことなさそうでお父さんが好きそうなやつ」は結構お父さんが既に観ていることが多く、「お父さんがあまり観なそうなジャンルだけど、一か八か」のやつは、途中でお父さんが飽きて猫と遊びに行くことが多いので難しいです。「面白かった」と言わせられたのはまだひとつしかなくて、ガスヴァンサントの『ドラッグストアカウボーイ』です。
僕は自分が面白いと思ったものを人に薦めるのがヘタで、「とにかく」って千回くらい言ってしまうんですけど、これをやりだしてからちょっと映画の情報をインターネットで調べてみたりして、情報で攻めると言うパターンも覚えだしました。というか単純に面白いので、皆さんも是非やってみてください。もうやってたらすみません。準備は大事という話でした。



松井どんぶり松井一馬 Kazuma Matsui
『松井どんぶり』というフリーペーパーを作っている26歳の男です。求職中です。徳島に住んでいます。徳島には野良犬がいます。

Mail:matuikazuma1001@yahoo.co.jp
Blog:http://matsuikazuma.blog23.fc2.com/
Twitter:http://twitter.com/matuikazuma



2014-01-14 | Posted in 松井どんぶり, PEOPLENo Comments » 

 

親孝行について

みなさん親はもちろん大事にしていると思うんですけど、僕もしてます、こんにちは。僕は今26歳なんですけど、最近になってはじめて父親と住み始めました。ジョンタイター風に言うと『奇妙な共同生活』をしているわけです。
僕の両親は僕がまだスイカしか食べられない(実際スイカしか食べられなかったのかは今となっては覚えていませんが、現存する赤ちゃんの時の写真が全部スイカを食べているので、その可能性が高いです。お母さんに聞いたんですけど、スイカはかぶと虫にあげたのを、少し目を離したスキにケージから出して食べていたんだそうです。虫の王様と言えど、人間様の赤ちゃんには敵わないのです。ちなみに今は全然スイカ好きじゃないです。種があるから。種があったら「吐き出しつつ食べよー!」と思って食べてても、絶対一回はガリっ!ってなっちゃうじゃないですか?あれすごいいやな気分になりますね。あとインドカレーを食べに行くと、本場の味なら本場の味であるほど、たまにカレーの中にやわらかい梅干し、って感じのスパイスの成れの果てが入っていたりするんですけど、それもうっかり噛んでしまうと「ウワーッ!!」ってなるので気を付けてください。超神水をちょっとなめたときのヤジロベーみたいになるのでね。そもそも食べにくい食べ物があまり好きではないです。焼き魚とか、とうもろこしとか。あ、でもピスタチオは好きです。)時に離婚して、僕と姉は母親に付いていったので、たまに会う事はあれ、一緒に住んだことはなかったのです。
なのでお父さんといっても、最初の方は他人行儀というか、なんとなく緊張した感じとか、ありましたね。あとやっぱりお父さんは元々アルカポネとか、萬田銀次郎の方の世界の人なので、怒ったら怖いです。26歳になって、怒ったら怖いからって日々緊張しながら過ごすことになるとは思いませんでした。
いや、違うんです、そんな話がしたいのではなくて、皆さん親孝行しましょうってことが言いたいんです。この時代に、この場をお借りして、親孝行しましょう、が言いたいのです。
「そんなもんしてるに決まってんだろ!あとはお前だけなんだよ!」って言われるかもしれないんですが、もしまだしていない人がいたらしてください、お願いします。
ふと思ったんですけど国会で「親孝行しろ!」っていう野次が聞こえたら面白いですね。「そうだそうだ!」って、普段自分からは前に出てこない人もすごくいい人に感じますよね。今日はお開きにして親孝行しますか、って仕事を切り上げて帰るのなら許せてしまいます。
親孝行と一口に言っても、欲しいものを買ってあげるだとか、りっぱな大人になって安心させるだとかあると思うんですけど、それを考えてることがもう親孝行なんだよって、親孝行できてるよって、バンプオブチキンが言っていたような気がします。あと冬が寒くって本当に良かったとも言ってましたね確か。どうして冬が寒くって良かったと思っていたのかはちょっと忘れてしまったんですけどね。
でも実際のところ、思うだけじゃ親孝行にはなりません。僕も「お母さん…」って寝る前によく思っていましたけど、お母さんは僕がフラフラ生きているし、高校の時も通知表に毎回「覇気がない」と書かれていたので心配していました。毎回「覇気がない」と書いていた担任は元神主でした。
これからは手始めに、なにか贈ってあげようと思っています。そう考えていると、お父さんやお母さんがなにが欲しくて、なにが好きなのか、結構よくわかっていないんだな、ということに気付きます。僕は最近までお母さんはホッケが好きなものだと思っていたんですが、最近聞いたら違うそうです。元々好きだったとしても、変わるっていう事もあるので、みなさん各々こまめに確認されることをおすすめします。
それではうまく締める言葉も思いつかないし、これから夜勤があるので失礼します。

 


松井どんぶり松井一馬 Kazuma Matsui
『松井どんぶり』というフリーペーパーを作っている26歳の男です。求職中です。徳島に住んでいます。徳島には野良犬がいます。

Mail:matuikazuma1001@yahoo.co.jp
Blog:http://matsuikazuma.blog23.fc2.com/
Twitter:http://twitter.com/matuikazuma



2013-12-28 | Posted in 松井どんぶり, PEOPLENo Comments » 

 

ながらスマホについて

はじめまして、松井一馬と言います。26歳の男です。求職中です。職を求めだしたのは最近で、それまでは極力布団の中にいながら、お金をもらったりご飯を食べたりできる生活を目指して、いろいろ模索していたのですが、布団の中でできる仕事はないことがわかり、布団をたたみました。
僕は『松井どんぶり』というフリーペーパーを作っていまして、毎号テーマを決め、そのテーマについて僕が書いた文章に、色々な人にお願いして描いてもらった素敵な表紙イラストをつけたものです。もしご興味があれば、ブログの下にある自己紹介部分に書いてあるメールアドレスに連絡もらえれば送らせて頂きます。今回このブログに書かせてもらう内容も、毎回テーマに沿ったものを書いていこうと思っています。

簡単に自己紹介をさせていただくと、僕の父親はヤクザです。少なくとも現時点では、ヤクザの息子であることが最大のアイデンティティーです。お酒が強いとか、足が速いとか、そういう個性が欲しいですが、もういい大人なのでなかなか見つかりにくくなってきたというか、もしあったとして、衰えだしてくる頃でもあるとおもうので、もしこの文章を読んでいて僕のいいところを見つけたら教えてください。

今回は『ながらスマホ』について書かせてもらいます。
みなさん、『ながらスマホ』って知ってますか?というか、読んで字のごとく何かをしながらスマートフォンをいじることなんですけど、ご飯食べながらとか、犯人を庇いながらとか、ほんとね、良くないです。
「口ではうまく言えないけどとにかく良くない」と僕は常々言ってまして、ツイッターもそれを定期的に言い方変えて言うためのツールだと思ってるんでそこんとこよろしくお願いします。
まあ口ではうまく言えないとは言っても、自転車乗りながらとか、もう完全に危ないじゃないですか。しかもそういう人って、大体イヤホンもセットでしてるじゃないですか。装備多すぎです。僕は視界をふさがれて音楽聴いたらね、寝ますよ。眠くなります。眠くなるのでね、皆さん本当にやめてください。
一度自転車のうしろに子供を乗せたお母さんが『ながらスマホ』をしていて、僕はそれが本当に信じられなくてとっさに「あの、ちょっと!」と言って呼びとめたんですけど、振り返って僕を見る顔がどうして呼び止められたのか全く分かってないような表情だったので、言葉を失ってしまって、そのままそのお母さんは行ってしまって、僕は悲しくて許せなくて泣いてしまいました。怒りが一定のラインを越えてスーパーサイヤ人になる人いますけど、僕は一定のラインを越えると泣きますね。
普段あんまり怒らないですけどもね。前に怒りすぎて泣いたのは小学生の時、夏休みの課題だったお習字をやってなくて、同じくやってなかったモクソンコウと放課後残ってやってたんですけど、僕がふざけてモクソンコウの筆を奪って窓から捨てたら、モクソンコウが僕の筆を奪って僕の一張羅のポロシャツの背中にピーッって縦の線を書いたときがあって、今だったら「刀じゃなくてよかったー」ってなりますけど、当時はお母さんに怒られるだとかもうこれは着られないのかよとか、いろんな思いが交錯して悲しくなって、同時に「確かに最初に筆を投げたのはオレさ。だが、この仕返しはあんまりだろう?割に合わないよ」と思うと怒りに震え、そして泣きました。モクソンコウは彼の名前を全部音読みするとモクソンコウになるのでモクソンコウと呼んでいました。なんで音読みにしようと思ったのかはわかりません。
話がそれてしまったんですけど、僕は『ながらスマホ』をこの世からなくそうと思っています。
どれくらいのなくしたさかと言うと、例えば合コンに行って、まず僕が「スマートフォンをいじりながら自転車に乗ったことがある人―???」と集まって早々聞くじゃないですか。女の子が全員手挙げたら、もうその場は喋りません。帰りこそしないですけど、喋りませんよ。いい加減にしてください。
僕はこの『ながらスマホ』撲滅活動を、去年くらいから特に力を入れてやっているんですけど、地元の友人数名と、たくさんのフォロワーを失いました。でも、大切な人たちが、『ながらスマホ』でよろけた自転車にぶつかって、崖から落ちてしまったら…。そう思うと、いてもたってもいられないんですね。
日本人は良いことも悪いことも、大衆化され、自分に都合がいいことなら、良しとする傾向があるので、そうなる前に、ひとつでも多くのスマートフォンを叩き割りたいです。

 


松井どんぶり松井一馬 Kazuma Matsui
『松井どんぶり』というフリーペーパーを作っている26歳の男です。求職中です。徳島に住んでいます。徳島には野良犬がいます。

Mail:matuikazuma1001@yahoo.co.jp
Blog:http://matsuikazuma.blog23.fc2.com/
Twitter:http://twitter.com/matuikazuma


2013-12-22 | Posted in 松井どんぶり, PEOPLENo Comments »