PEOPLE

フリーペーパーレビュー #1「他人」 

日々続々と発行されているフリーペーパーの中から毎回1誌をピックアップし、紹介していくコラム「フリーペーパーレビュー」を開始したいと思います。
唐突にすいません。

私、松江の視点からああでもないこうでもないを繰り広げ、最終的に点数をつけるというコーナーです。

いきなり自分で自分の話の腰を折るようですが、普段から僕はこのようなことをよく言います。

「フリーペーパーって点数付けたり順位つけたりするものなの?」

これには色々な意見があると思いますし僕の中でも何人もの松江が言い合いをすることになるでしょう。
前のエントリーでもちょっと触れたのですが、これについては機会があればちゃんと触れようと思いますし、リクエストとかあればすぐやろうと思います。では、今回は何故「点数をつける」と言い切ってしまうのか。
それは、分かりやすいからです。読んでいただいた方により楽しんでいただけると思うからです。
少しでも多くの方にフリーペーパーに興味を持っていただき、業界を盛り上げて行ければと思いやらせてもらっていることです。

前置きが少し長くなってしまいましたが、さっそくやっていきたいと思います。

第一回目はこちら、

photo 1

「他人 #1」です。

昨年10月に名古屋で創刊されたこちらのフリーペーパー、シンプルなタイトルと「小便禁止」の看板が見据える先に腰を下ろす女性の存在感が圧倒的な表紙。
冊子のコンセプトはこうであります。

「玄関のドアを開けて一歩外に踏み出せば、名前も年齢も知らない人達とすれ違う。
でもその人は他人だから声なんかかけない、そしてかけられる事も滅多にない。
これはきっと、そこに”人が居る”という感覚ではなく、
自分から見て街と人が”ひとつの風景”になってしまっているからなんじゃないか。
でも、そんな風景に溶け込んだ人達にも、当たり前だけど、それぞれの歩んできた道があり人生があり、そして今がある。
“いつも素通りして、見逃していた風景の中に入り込む”ような。
そんな体験をしたら、いったいどんな心の変化を味わうことができるだろうか、いったいその体験は自分に何を届けてくれるだろうか。
テレビのヒューマンドキュメンタリーを見て感動すること、共感すること、勇気を貰うことは、誰しも経験があるかもしれない。
では、名もなきいつもすれ違っていただけの風景みたいな人、そんな人の人生を覗く事が出来たら、同じ様な感情が生まれるのでしょうか?
あるいは、有名な名前と才能があるからこそ、わたしたちは影響を受けたり勇気を貰ったりするのでしょうか?
その答えが、この「他人」の中にはあるような気がします。」

-他人ホームページ(http://tanin-paper.com/)より

90年代までは、どの世界にもカリスマと言われる人材が存在しその影響力は圧倒的でした。
しかし、00年を超えると次第にそういう存在が薄れ、半ばにもなるとソーシャルネットワークが台頭して生活にも大きな影響を与えていきました。この辺りは今更言及することでもありませんが、そのような社会の変化は当然の如く影響を受ける対象をも変えていきました。今多くの人は手の届かない誰かよりもちょっと手を伸ばせば届く存在や信頼をおける友人、自分と同じような境遇にいる見知らぬ人、そういった存在に影響を受けたり共感したりしているのではないでしょうか?しかしそれはあくまでもインターネットを介していることがほとんどであると思います。それで本当に真理や本質を知ることができるのでしょうか?確かにそんなとこまで迫らなくてもいいわってことはあるでしょう。しかし、多くの人が面と向かってコミュニケーションをとることの大きさをその経験から知っているはずです。

だからやっちゃいましたよこの人達。
全く知らない人に突撃取材、しかもかなり深いことまで聞き出しております。
第一号の編集を見る限りでは、インタビュアーの質問に対しおばあちゃん(表紙の方です)がマシンガントークを繰り広げるというどこの地域でも見かける光景になっているのですが、その辺りのさじ加減は次号以降も読んでみないとわかりませんね。もう少し掛け合いも読みたい気もします。

まあ、それは置いといて、とにかくコンセプトがシンプルでいて大胆。それでいて誰もが気になるインパクト。
素晴らしいと思います。

そして、このおばあちゃんですよ。強烈なキャラクターが誌面を読んでるだけでしっかり伝わってきます。スタンダールもびっくりな恋愛哲学を披露したかと思えば、ムルソー顔負けの異邦人っぷり。よくもまあ一回目からこんな強烈な人ひっぱってきたわと感心していまいますが、そこですぐに気づいたわけです。

「この人が特別なのではなくて人は誰しもドラマがあるんだ!」

まさにこの冊子のコンセプトですよ。やられましたね。
でもこれってやっぱりしっかり向き合って話すことによって出てくるものなんだと思う訳です。その場に流れる空気・景色・気温、しゃべる口調・相手を覗き込む目・変化する鼓動。そういうもの全ての結果でありそれを見事に400mm×270mm二つ折の誌面に凝縮させることに成功していると思います。

知らないけど身近な境遇の誰かにシンパシーを感じるということは、ソーシャルネットワークの功績によって気軽に手に入れられるものになったことの一つだと感じます。
僕は東京生まれで他の地域に長い間住んだことがないので地方の方々の繋がり方や、30年ほどしか生きていないのでそれ以前の人々の繋がり方は分かりかねますが、飲み物を飲むためにコップをとるように・小腹がすいたのでコンビニによるように・他人の個人的なインフォメーションに触れる機会が与えられることはまずなかったのではないかと思います。

そういったネット上の関わり方を通過してこの「他人」という冊子は生まれたのだと個人的には感じます。それもよりによってこんなアナログな形で。これはもうハイブリッドと呼んでもおかしくはないと僕は思います。
未来のハイブリッドは意外にもそんなシンプルなものなのかもしれません。

いずれにしろ今後が楽しみなフリーペーパーであります。

photo 2

 

4.6/5.0 点


松江健介松江健介 Kensuke Matsue
ONLY FREE PAPERオーナー。株式会社Beatfce代表取締役。フリーペーパーおよびリアルフリーの業態の可能性について日々頭を悩ます。



2014-01-08 | Posted in 松江健介, PEOPLE, レビューNo Comments » 

 

いかに生きるべきか

人の心の動きに関心があります。
人生における主な関心事がそれなのでたまに、いや、しばしば、いや、かなり頻繁に精神のバランスを崩します。
ふと気がつくと、精神科通院のキャリア組になっていました。

でも、そんな事をいつまでも嘆いていて良いわけがありませんよ。
一度きりの人生。下を向いている暇などありませんし、後ろを向いている時間があるなら前を向くことに費やしていきたいです。
上を向いて歩こう、という有名な歌もあります。上、そして前、つまり前方上部を向いて私は歩きたいのです。

「私はもっと、健康的な精神状態に己を持っていく。
布団を頭からかぶって数日を過ごしてしまうような人間ではなく、もっと明るく、朗らかに楽しく生きていけるはず」
これまでそうして、常に己をアップデートしていくつもりで前向きに生きてきました。

かくしてそれは困難な道のりでした。
例えて言うならブーメラン。最大の飛距離を出すたび、そこへ進んでいったのとほぼ同じテンポで戻ってきてしまうのです。
私は悩み、そして飲み会などの席で朗らかにしている人に相談をしました。

「なぜ私は朗らかでないのか。
どのようにしたら貴殿のように朗らかになれるのか。
いかにして、どもらず、テンポ良く笑顔の絶えない快活なトークを他人と交わすことが出来るのか。」

朗らかな人は、言いました。

「考えすぎじゃないの」。

私は激怒した。必ず、かの邪智暴虐の飲み会を退席せねばならぬと決意した。
トキンには健康がわからぬ。トキンは、メンヘラである。
絵を描き、空想と遊んで暮して来た。
けれども無遠慮な発言に対しては、人一倍に敏感であった。

そんなわけで、ここではメンタルヘルス周辺や、マイノリティ、生きづらさについて考え続ける中で感じたことや考えてきたことのメモを書いてゆこうと思います。
思考&アウトプット、それこそがワタクシのジャスティス!

よろしくお願いいたします。


プロフィールトキン Tokin
1983年生まれ。自分の精神疾患の病状をしゃべるフリーペーパー「ゾンビ道場」を発行しています。キーワードはメルヘンとメンヘル。イラスト、絵画、ライブペイントなど、アグレッシブに絵を描く病人です。
web site:http://tokin.info/
Twitter:http://twitter.com/Tokin0528



2014-01-03 | Posted in PEOPLE, トキンNo Comments » 

 

親孝行について

みなさん親はもちろん大事にしていると思うんですけど、僕もしてます、こんにちは。僕は今26歳なんですけど、最近になってはじめて父親と住み始めました。ジョンタイター風に言うと『奇妙な共同生活』をしているわけです。
僕の両親は僕がまだスイカしか食べられない(実際スイカしか食べられなかったのかは今となっては覚えていませんが、現存する赤ちゃんの時の写真が全部スイカを食べているので、その可能性が高いです。お母さんに聞いたんですけど、スイカはかぶと虫にあげたのを、少し目を離したスキにケージから出して食べていたんだそうです。虫の王様と言えど、人間様の赤ちゃんには敵わないのです。ちなみに今は全然スイカ好きじゃないです。種があるから。種があったら「吐き出しつつ食べよー!」と思って食べてても、絶対一回はガリっ!ってなっちゃうじゃないですか?あれすごいいやな気分になりますね。あとインドカレーを食べに行くと、本場の味なら本場の味であるほど、たまにカレーの中にやわらかい梅干し、って感じのスパイスの成れの果てが入っていたりするんですけど、それもうっかり噛んでしまうと「ウワーッ!!」ってなるので気を付けてください。超神水をちょっとなめたときのヤジロベーみたいになるのでね。そもそも食べにくい食べ物があまり好きではないです。焼き魚とか、とうもろこしとか。あ、でもピスタチオは好きです。)時に離婚して、僕と姉は母親に付いていったので、たまに会う事はあれ、一緒に住んだことはなかったのです。
なのでお父さんといっても、最初の方は他人行儀というか、なんとなく緊張した感じとか、ありましたね。あとやっぱりお父さんは元々アルカポネとか、萬田銀次郎の方の世界の人なので、怒ったら怖いです。26歳になって、怒ったら怖いからって日々緊張しながら過ごすことになるとは思いませんでした。
いや、違うんです、そんな話がしたいのではなくて、皆さん親孝行しましょうってことが言いたいんです。この時代に、この場をお借りして、親孝行しましょう、が言いたいのです。
「そんなもんしてるに決まってんだろ!あとはお前だけなんだよ!」って言われるかもしれないんですが、もしまだしていない人がいたらしてください、お願いします。
ふと思ったんですけど国会で「親孝行しろ!」っていう野次が聞こえたら面白いですね。「そうだそうだ!」って、普段自分からは前に出てこない人もすごくいい人に感じますよね。今日はお開きにして親孝行しますか、って仕事を切り上げて帰るのなら許せてしまいます。
親孝行と一口に言っても、欲しいものを買ってあげるだとか、りっぱな大人になって安心させるだとかあると思うんですけど、それを考えてることがもう親孝行なんだよって、親孝行できてるよって、バンプオブチキンが言っていたような気がします。あと冬が寒くって本当に良かったとも言ってましたね確か。どうして冬が寒くって良かったと思っていたのかはちょっと忘れてしまったんですけどね。
でも実際のところ、思うだけじゃ親孝行にはなりません。僕も「お母さん…」って寝る前によく思っていましたけど、お母さんは僕がフラフラ生きているし、高校の時も通知表に毎回「覇気がない」と書かれていたので心配していました。毎回「覇気がない」と書いていた担任は元神主でした。
これからは手始めに、なにか贈ってあげようと思っています。そう考えていると、お父さんやお母さんがなにが欲しくて、なにが好きなのか、結構よくわかっていないんだな、ということに気付きます。僕は最近までお母さんはホッケが好きなものだと思っていたんですが、最近聞いたら違うそうです。元々好きだったとしても、変わるっていう事もあるので、みなさん各々こまめに確認されることをおすすめします。
それではうまく締める言葉も思いつかないし、これから夜勤があるので失礼します。

 


松井どんぶり松井一馬 Kazuma Matsui
『松井どんぶり』というフリーペーパーを作っている26歳の男です。求職中です。徳島に住んでいます。徳島には野良犬がいます。

Mail:matuikazuma1001@yahoo.co.jp
Blog:http://matsuikazuma.blog23.fc2.com/
Twitter:http://twitter.com/matuikazuma



2013-12-28 | Posted in 松井どんぶり, PEOPLENo Comments » 

 

Student Freepaper Forum 2013 総評

学生フリーペーパーの祭典Student Freepaper Forum 2013(以下SFF2013)がさきほど終了致しました。

このSFFというものを簡単に説明いたしますと今年一番魅力的だった学生制作のフリーペーパーの頂点を決める大会であります。【詳しくは こちらをご覧ください。】
そして、終わったばかりの会場の熱気が未だ残っているうちに、私松江から見たSFF2013の総評を書き残しておこうかと思います。

結果として約100団体が参加したSFF2013の頂点は、宇宙フリーマガジン「TELSTAR」が発行一年目にしてその座に輝きました。

 

TELSTAR

TELSTAR

 

今回昨年に続き一次審査をやらせていただいたのですが、その一次審査をしている段階で、すなわち参加全冊子を審査している段階で、今年のTELSTAR優勝は予想しておりました。もっと言えば、僕がTELSTARの存在に気付き、実際冊子を見せていただいた段階(創刊号が出た今年の始めのほうだったような、、)で予感はすでにありました。
こんなことを言うと馬券も買っていないレースで結果が出た後に「な?3-6-10だって言っただろ?」みたいなこというおじさんみたいな感じでウザイかもしれませんが、しばしお付き合い下さい。
つまり、僕にとって今回のSFFおよびその審査はTELSTARを脅かす存在がいるのか否か、それの確認作業という意味合いが強かったです。
僕が担当したのは一次審査のみなので二次審査および最終プレゼン・最終審査は遠くから見守るという形で確認作業をしておりました。最終プレゼンを終えた時点でTELSTAR優勝の考えはやはり変わらなかったので、TELSTAR優勝は間違いないと思っておりました。

では、そこまでのインパクトを残したTELSTARの何が良かったのか。
まずは、テーマ。宇宙。
この時点で勝ちがすでにある程度決まっていたように思います。誌面を拝読させていただく前の話です。
「評価対象見る前に決まるってなんだよ!」
「個人的に宇宙が好きなだけじゃねーのかよ!」
そういうお声、あると思います。
宇宙は皆さんと同等ほどの多少の興味がある程度です。想像の範囲を軽く超える正体不明のものに興味を抱くくらいのものです。
僕が思うのは、宇宙というテーマは好きじゃなきゃ絶対にとらないということなのです。つまりものすごい宇宙好きな人間が作ってるフリーペーパーなんだろうなということがその時点で容易に想像できるわけです。
審査員の嶋さんが、本日の総評でも仰っておりましたが好きという情熱はフリーペーパーづくり、もっといえばモノづくりには一番と言っていいほど大事なことなのです。
そこで今年の一橋大学の文化祭にTELSTARの方に直接会いに行きました。宇宙愛を確認するために。
宇宙に魅了されたヘンタイがそこにはおりました。一見どこにでもいる普通の学生さんたちがひとたび宇宙の話をしだすと目を輝かせ、体中から光を発し始めました。その時にTELSTAR優勝の予感はある程度の確信に変わりましたね。
さらには、好きなだけでは手に取ってもらえないというものをしっかりと考えている彼らは外部からデザイナーを参加させ魅力的な誌面を作り上げるという一連の流れもしっかりと組んでおりました。

最終プレゼンでは、「宇宙人」というキーワードをひとつフックとして用いておりました。いわゆるグレイの類ではなく宇宙の事を好きな人、宇宙に興味がある人そういう広義な使い方で宇宙人というキーワードを使っておりました。とても面白いなと思いました。

熱、コンセプト、デザイン、編集。課題はもちろんありますがその未熟さも含め僕の中では、TELSTARは圧勝でした。

昨年も審査員をやらせていただき、その前年、そのまた前年、と注目させていただいておりましたSFFですが、実は会場にお邪魔したのは今回が初めてでした。
ですので、前回に比べてどうだったとかその類のお話はできないのですが、印象として小さくまとまっているなーという思いが強くありました。
最終プレゼンも何か就活の面接のような雰囲気でした。
開会の挨拶でいいました、フリーペーパーのフリーは「自由」なんだと。2000年以降クーポン誌の躍進によりこびりついてしまった「無料」というパブリックイメージから自由を奪還するのだ、と。後者は僕が勝手に付け加えましたけどね。
しかし実際の内容は、自由と言う雰囲気はあまり感じられず、きれいにまとまりすぎている印象でした。
閉会後の交流会でも、審査員の方々や制作団体同士アドバイスを聞いている姿が多く目につきました。本日いらしていた審査員の方々は皆さんそれぞれご活躍されている方々で話を聞くいい機会だったと思います。将来この道を考えている学生さんにとっては貴重なことであったと思います。
しかし、一人や二人、悪態をつくまでとはいいませんが、自分が一番おもしろいわ!と闘志を燃やす人、悔しくて悔しくて堪らない人、そういう空気があってもいいと思うんですよね。アカデミー賞やグラミー賞なんかで自分以外が受賞した時にカメラで抜かれてる人で結構複雑な表情していたり不満が顔に出てる人多いですよね。
未だにフリーペーパーに優劣つけることについては色々思うところもありますが(これについてはここでは論議を控えます)、大会としてやるからには勝負なんですよ。終わった後の会場をその辺に気を集中させて見ていましたが、悔しがっていたのは一番受賞の望みが薄そうなくしゃっとペーパーの中原さんだけでした。

今後は学生ならではのパワーが前面にでているような冊子および大会に期待したいですね。
プロじゃないからうまくできないところがあって当たり前。そんなのは気にしない。俺は私はこれを伝えたいんだ。そういう不完全の美しさ・愛おしさを僕は見たいんですよね。
あともうひとつあるとするならば、これはフリーペーパーはそもそも採点するものなのかという話とダブるところなのですが、それは基準をどこに置いたらいいか難しいというのが一つあるからなんですよ。
フリーペーパーは着眼点の付け方で決まる。いや、熱があれば伝わる。流通性・実用性が優れているといいよねやっぱ。
単純に冊子としてのクオリティが高ければいいのか?という問題でもないわけで、審査する人間の見方によって色々な評価ができてしまうんです。本日審査員でいらしていたRe:Sの藤本さんがFASTNER.という冊子についてこんなようなコメントをされていました。
「デザイン的なクオリティはとても高い水準にあるがそれを評価する賞がなかったんだよね」
このFASTNER.という冊子は多くの人が見て最終5団体の中での冊子としてのクオリティはずば抜けていたと思います。それをさしひいてもTELSTARの宇宙愛が勝ったのだと思いますが、今後はこのあたりの明確な判断基準・審査基準の設定をSFF運営委員会の皆さんにはお願いしたいなと思いましたというところで総評を終わりにしたいと思います。

期待している分だけ厳しいコメントにもなってしまいましたが、本当に頑張って欲しいですし、学生のパワーまだまだこんなもんじゃないはずです。

最後に代表の飯田さんはじめSFF2013運営委員の方々、本当にお疲れ様でした!


松江健介松江健介 Kensuke Matsue
ONLY FREE PAPERオーナー。株式会社Beatfce代表取締役。フリーペーパーおよびリアルフリーの業態の可能性について日々頭を悩ます。



2013-12-27 | Posted in 松江健介, PEOPLE1 Comment » 

 

よろ~

ドキドキクラブです~
仲良くしてね~
よろ~


dokidokiclubドキドキクラブ dokidoki club
ドキドキユニット ドキドキクラブよろ〜。みんなの笑顔が大好物\(^o^)/

Website:http://www42.tok2.com/home/dokidokiclub/


2013-12-22 | Posted in ドキドキクラブ, PEOPLENo Comments » 

 

UMA年に向けて

初めましての方もそうでない方もこんにちは、スズキリといいます。

普段はデザインや映像作品の美術などやっているのですが、来年はついにUMA年という事で、ここでは主にUMA(未確認生物)に関する記事を書いていけたらいいなと思っています!

どうぞよろしくお願いします。

 


suzukiriスズキリ Suzukiri
1993年7月7日生まれ。高校時代からの編集や営業を経て、デザインを中心に迷走中。MusicVideoの美術やコスメブランドの製品アートディレクションなど。詳しくはwebサイトへ

Website:http://www.suzukiri.net/


2013-12-22 | Posted in スズキリ, PEOPLENo Comments »