トキン

打ち明け話は誰の為?

こんにちわ。前回の投稿からまた随分経ってしまいましたが、相変わらず、絵を
描きつ つ、ぐるぐるいろんな事を考えています。

そんな中、先日こんなイベントを行いました。
■「ライブハウスいってみるツアー」
http://blog.livedoor.jp/marshmallow83/archives/2014-10-22.html

かいつまんで言うと、
「ライブハウスって、行った事ない人にとっては怖いと思うけど、素敵な所だか
ら来て 欲しい!」
「『そういう所に一人で行くのは勇気がいるなあ』と思っている人がいるなら、
同じような人皆で来てみるというのはどうでしょう!」
という趣旨で、私達が出演するライブイベントに来るイベントを作ってみた…と
いう感 じです。

新しい場所に出るきっかけが欲しい人を呼びたい、という気持ちが強くあり、
「生きづ らい人同士でライブハウスへ行ってみるツアー」という単刀直入なイ
ベントタイトルをつけたのですが、やってみて、嬉しかった事はもちろ ん、反
省して考えた事がいろいろありました。

その中で、とりわけ大きかったのが、自分で作った「生きづらい人で」という趣
旨その ものです。
発案した時点では「何かつらさを持つ人同士なら、普段話しにくい事も話せるん
じゃな いか」という発想だったのですが、いざやってみて、また、企画を進め
る中で自分の気持ちを反芻した時どうしても否定出来なかったのが、 「生きづ
らさを持つ人」の対比として「生きづらさに関係ない人」というの を無意識に
想定していたことでした。
「生きづらい」という事も、あまり強く強調すると、わかりやすい「生きづら
さ」を持 たない人の口を静かに塞いでいくことになるのですね。
気軽に入ってこないで!というような感じになってしまうというか。(もちろん
それが 必要なこともあるんだけども…モヤモヤ)
これは、自分が企画して行動するまで、実感としてあまり気が付く事が出来ませ
んでし た。

20141211

どこからがつらい/つらくない、なんていう線引きをする事に意味はありません。
でも、まったくボーダーレスに話したり、公にするというのもまた、難しいと思
いま す。
ゾーニングされた中だからこそ話せる、相談出来る事柄というのはたくさんある。
でも、その区分けが仲間はずれの理由になってはいけなくて…。

私は活動家や専門家ではないので、そこまで思い詰める必要はないといえばない
んです が、「痛み」というテーマにクローズアップして制作をする者と して、
また、小さな媒体ではあるけれどフリーペーパーという形で言葉を発信している
者として、自分が何か言ったり発信する時には気をつけねばと思った事柄 でした。
やってみないと解らないことってたくさんあるんだな。
まだまだ考え中ではありますが、少しずつ、作って、動いて、発信してまた考え
ていきたいです。


プロフィールトキン Tokin
1983年生まれ。自分の精神疾患の病状をしゃべるフリーペーパー「ゾンビ道場」を発行しています。キーワードはメルヘンとメンヘル。イラスト、絵画、ライブペイントなど、アグレッシブに絵を描く病人です。
web site:http://tokin.info/
Twitter:http://twitter.com/Tokin0528



2014-12-16 | Posted in PEOPLE, トキンNo Comments » 

 

正義感の矛先

正義感とは何なんだろう?という事について考えています。
というのも、SNSを見ていて私が最近怒っているのが、社会問題の告発、あるいは
啓発のつもりでツイッターFacebookでシェアされてくる、動物実験でかわいそう
な状態になった
動物や、放射能などで酷い姿になった(という事になっている)人の写真などです。

写真そのものがどうかというより、それを誰かに訴えかけるつもりで
ネットで拡散する無神経さが理解出来ず、相当イライラしてしまいました。

衝撃的な写真や文言を使えば、見た人はびっくりして問題に気がつかざるを得な
いでしょう。
でもそれって、やり方としてあまりに暴力的過ぎるんじゃないでしょうか。

ちょっと前に、お母さんが子供を蹴っ飛ばしているという児童虐待の現場を撮った
衝撃的な動画が拡散された事がありました。
もちろん、虐待は許される事ではないけれど、見る側が視聴の可否を選べない形で
拡散する事が問題の啓発として意味がある行動だとは、私には全く思えませんで
した。

動画や写真の拡散について、発信者が言う「広くいろんな人に訴える」の、
「広くいろんな人」の中に、傷ついた本人達が含まれていないように思えたんです。
それがとっても嫌だった。

例えば、虐待を受けたことのある人がそれを目にしたらどう思うのか。
例えば、動物をかわいそうな状態で失った事がある人が、
むごたらしい動物の姿をいきなり突きつけられたらどう思うのか。
拡散している人が言う「正義」は、そういった事について考えられてはいない、
とてもインスタントな物に見えました。

小さき者・弱き者が何かに脅かされた。
その現実は、確かに目を背けてはいけない問題ではあると思います。
しかし、無差別に押しつけるようにして目を向けさせるやり方でそれを提示する
ことは、
個人の正義感を満たす以上の意味を持たないのではないでしょうか?

暴力反対!という事を、ほぼ暴力的な声で高らかに叫んで、それのどこが暴力反
対なんでしょう。

20140710-72

何が正義か、何が今考えるべき問題か。それに対して自分が何を感じるのか。
それは、各々の中で決められる事であり、結論ありきで「これが正義だ!」と
押しつけられるものではありません。
また、それについて考えるかどうか、という所から選ぶ権利があるのです。
本当に、それらを守りたい・訴えかけたいという気持ちがあるのであれば、
受け入れてもらえるような方法でアピールして欲しい。

忌まわしい事実を拡散する為に、拡散する正義感を振り回す為に、
傷を持った当事者に「痛いだろ言うけど少し犠牲になってね」
というようなやり方は、私はとっても受け入れられません。
誰かの痛みは、対外的に問題提起をする為のツールではないのです。

—————-
お知らせ:
今月いっぱい高円寺にて、「夢日記」をテーマにした小さな個展を行っています。
ぜひぜひお越し下さいませ!

Print

Tokinミニ個展「おやすみなさいの向こう側」
会場:高円寺 ギャラリーめばちこ
会期:7月5日(土)~27日(日)
(上記日程の土曜日 日曜日のみ開廊:
5土 6日 12土 13日 19土 20日 26土 27日)

開廊時間 12:00~19:00 入場無料

詳細はホームページをご覧下さい。よろしくお願いします~。
http://tokin.info/


プロフィールトキン Tokin
1983年生まれ。自分の精神疾患の病状をしゃべるフリーペーパー「ゾンビ道場」を発行しています。キーワードはメルヘンとメンヘル。イラスト、絵画、ライブペイントなど、アグレッシブに絵を描く病人です。
web site:http://tokin.info/
Twitter:http://twitter.com/Tokin0528



2014-07-10 | Posted in PEOPLE, トキンNo Comments » 

 

誰かの中の、私の部分

ONLY FREE PAPERの企画の、精神病新聞・松井どんぶりのコラボイベントへ、私
も行って参りました。
どうしようかと迷っていたけど、行って良かったな。

最近、私はあまり文章を書いていません。以前よく書いていた、ノートの手書き
日記も書いていません。
頭が混乱した時はいつも文章を書くと落ち着くのですが、このところ敢えて書か
ずにいました。

自分の中で、もやもやして言葉に出来ない気持ち、また、言葉にして良いのか躊
躇われるような感情。
本当は言葉にした方が良いのはわかっているんだけど、感情を認めて言葉にして
自覚したら崩れてしまいそうな気がして、最近は考えるのが嫌でした。
だから、ここしばらくはとにかく片っ端からいろいろなものを見て、読んで、出
かけて、でも文字にはせず、とにかく自分の中のモヤモヤを塗りつぶそ うと躍
起になってテンションを上げていました。

でも、絵里子さんや松井さんが「え、それ言っちゃっていいのかな」と思うよう
な話を今日いろいろされているのを聞いて(あと、読んで)このところ 目を反
らしていた自分の中のモヤモヤについて、私も思いを巡らせました。
それは少し重く、おっかない事ではありましたが、無理矢理に目を反らし続けな
くていいんだと思ったら、不思議と気持ちが軽くなっていく気がしまし た。

どんなに個人的な範囲での事柄も絶対に、誰からも共感を得られないわけはなく
て、マニアックなことであっても誰か共感してくれる人がいる。
そしてその共感は、「誰か」にとってはすごく貴重な体験だったりする。
今日のイベントは、私にとってそういう感じでした。

自分に蓋をして押し黙っていたら、他人の蓋の向こうに触れる事も出来なくなっ
てしまう。
自分と向き合うのって、内的なようだけれど、他人と向き合う事でもあるのかも
しれません。
だから、ああいった個人のフリーペーパーって、作り手にも受け手にも魅力的な
んだろうな。

20140504

私も、私の気持ちともう少し話をしてやろうと思います。
それで気づいた事をまた誰かに発信して、そこから考えたり、安心したりして、
気持ちの連鎖を作っていきたいです。


プロフィールトキン Tokin
1983年生まれ。自分の精神疾患の病状をしゃべるフリーペーパー「ゾンビ道場」を発行しています。キーワードはメルヘンとメンヘル。イラスト、絵画、ライブペイントなど、アグレッシブに絵を描く病人です。
web site:http://tokin.info/
Twitter:http://twitter.com/Tokin0528



2014-05-05 | Posted in PEOPLE, トキンNo Comments » 

 

熱を出して未開の地へ行こう

春ですね。
春ですが私は、インフルエンザになりました。
平素より寝込むことが人より多いわたくしですが、精神でなく身体をやられて寝
るというのは、若干の非日常感がありました。
体は悪いが頭は冴えている。むしろ体が悪いから頭がオーバーヒートしておかし
くなり、精神“も”やられた、と言えるかもしれません。

具合を悪くして最初の数日は本当に高熱を出していたので寝ていたのですが、熱
もいくらか引いてくると、動けないけど起きられないという半端な状態 になります
しかも、外に出てはいけないと言われたので外にも出られません。

大半は、眠るか、本を読むか、ツイッターを見るなどして過ごしていました。
でもそんなものには限界があります。現実はそんなものです。
その一方、限界がないものもあります。それは空想です。
人間の創造力は無限大…。私は空想の世界で遊ぶことを覚えました。
精神を病んでいるということを常々書いているので「いよいよか」と思われたか
も知れませんね。
大丈夫。「これから」ですよ…。

布団の中で暇つぶしにやっていた空想で、一番面白かったのは「もしも」遊びです。

私は畳の六畳間に布団を敷いて寝ているわけですが、それが、ゴージャスな天蓋
付ベッドであると仮定します。
そうするともう私は、豪邸の家の娘でしょ。そしたらパジャマは絹でしょ?それ
なら横に執事がいるでしょ?!?!
陶磁器のような青白くも美しい肌、バラ色の唇にうっすらとした笑みを浮かべ、
執事に言うのです。
「ねえ、じいや、私もあの小鳥たちと遊びたい…。少しでいいの、外に出ちゃだ
め?」
「お嬢様、ご無理はいけません…」
メイド達は、困ったような優しいような複雑な表情をして顔を見合わせるのでした。
「かわいそうなお嬢さま…。もう病は治らないというのに…」

もちろん声こそ出しませんが、目を閉じて、自分が寝ている所は杉並区の六畳間
ではなく、フランスの湖畔地方(というのがどこなのかあまり知りませ ん)の
お屋敷であると考えただけで、そこはうっとりと別世界。無料で別世界!!
「ゴボッボッボッボ」という様な無様な咳も、私が不治の病に冒された金髪の美
少女であると思えば、儚い美しさを秘めた記号になり得ますね。
「けほっけほ…」
「お嬢様、ご無理はなさらず…!!」」
そう、私は美少女…金髪の美少女…ローラ!!!(西城秀樹)

あるいは、日本の昔話に出てくる、土間に寝ている病弱なお母さん、というのも
良いですね。
これなら、ここが畳であることについても説明がつきますし、国籍も同じなので
少し親近感が湧きます。
「悪いね…こんな母さんなばっかりに…(げほげほ)」。
このシチュエーションなら、幼いながらに働きに行ってくれる長男と、リンゴの
ような頬をした妹が必要です。私は子育てをしたことがないので、さっ きより
少し上の創造力が必要になってくるでしょう

ひとしきり内側に向かうことに飽きたら、外もまた、良いものです。
外に向かってだって、人は創造力を働かせることが出来ます。実に便利。
我が家は道路沿いなので、いろんな音が聞こえます。
子供が自転車で駆け抜ける声、道路工事のおじさんの声、車の音…。
音しか聞こえない、それら一つ一つについてストーリーを勝手につけていきま
しょう。

「おい!お前あっち行くっつったろー?」
「遅っせえよ!ぎゃははは」
というような中学生男子の声。
私は中学生男子がしゃべっているであろうと考えますが、もしかしたら、中学生
男子のようなしゃべり方をする中学生女子かもしれません。中学生男子 のよう
なしゃべり方をしている犬かもしれません。中学生男子のしゃべり声を流してい
る街宣車かもしれません。
もし、そうだとしたら私は何も知らずに、犬や街宣車の音声を聞いて「中学生だ
なあ」と思っているわけで、とても間抜け。
はは、笑ってしまうよね…。

そう考えていると、何がなんだかわからなくなってきて、ぐるっと目が回り
「世の中、絶対確実なものなんか何もないんだな…」
と、ある種の悟りのようなものが開けてきました。
何かNext Visionとでも言うべきものを感知したのかと思い、布団の中で手を合
わせるような気持ちがしました。(合わせませんでした)
多分まだ熱が高かったんだと思います。

また、インフルエンザから大変な感染症にかかって死ぬ、という空想もしました。
よく、亡くなった人についていろんな人が思い出を語っていき、実は故人には重
大な秘密が…。という映画や小説がありますが、それをなぞって「私は どんな重
大な秘密を残そうかなあ」と考えました。
でも重大な秘密というより、死ぬ前に、パソコンのフォルダに入っている変な文
章を消さないといけないなと考えたら焦燥感に駆られたので、この空想 は結構
すぐにやめました。

20140331 (1)

そういった空想にふけっていたんですが、空想の種が尽きてきて顔を搔いたその
時、私は
「眉毛というのは敢えて触ってみると思っている以上にふわっとしている」
という事に気づき、しばらく眉毛を撫でていました。
しかし眉毛を触るだけで新鮮な驚きを得ている自分が気の毒になり、この時心か
ら、インフルエンザって大変だなあと感じました。
当たり前のことって、案外気づかないものですね…。

なんだかんだで、そんな私の生活も一週間ほどで終了。やっと元の生活へ戻って
来られた次第です。
先日何かの本で、精神病的な様相を呈してしまった人について
「あまりの苦痛に耐えかねて、彼は空想の世界の住人になってしまった」と記述
されていたのですが、もしかして、空想の世界の住人である方が時間も つぶせ
るし楽しくて良いのではないでしょうか?
んん~、これはホントにメルヘンに近づいたかも!

精神世界って奥が深いんですね。
このまま、家で空想に熱中する時間をもっと延ばして行ったら何か違う次元が開
けそうでしたが、残念ながら今回はここまで。
私はまだ次元開かなくていいんでちょっと外出ますね…。
インフルエンザ菌はまだ流行っているようですし、次はあなたの番かもしれませ
ん…。くれぐれも、感染にはお気を付けて…。


プロフィールトキン Tokin
1983年生まれ。自分の精神疾患の病状をしゃべるフリーペーパー「ゾンビ道場」を発行しています。キーワードはメルヘンとメンヘル。イラスト、絵画、ライブペイントなど、アグレッシブに絵を描く病人です。
web site:http://tokin.info/
Twitter:http://twitter.com/Tokin0528





2014-04-04 | Posted in PEOPLE, トキンNo Comments » 

 

伝えなくては伝わらない

公開懺悔をしてみようと思います。
自戒や反省はほとんど趣味に近い領域で、やりすぎて思いがけず聖人への道も拓けてしまいそうなくらいです。

さて、「相手の身になって考えなさい!!!」というのはよく聞く言葉です。
また、自分がかなり気をつけていることでもあります。
しかしなんとなく最近、その言葉を傲慢な意味で使っている事が多いのでは、ということを発見しました。

はた、と考えるようになったのは、まさに自分がフリーペーパー「ゾンビ道場」に書いていたこと…病院の先生とのやりとりでした。

ある日の診察で。
「具合が悪い」と伝えたところ、先生からは「そうなんですか」の一言で終わってしまいました。
そしてまた別の日に「やっぱりずっと鬱ぽくて」と言った所、今度は「うつ期なんじゃないですか」で終わり。
返す言葉なくそのまま家に帰ったんですが、帰り道、なんだかずっとモヤモヤしていました。
もうちょっと、「うつ期だと大変ですね」とかそういう言葉かけが欲しかったのです。

でも、果たしてワタシは「大変ですね」が言って欲しいだけだったのか?
そんな言葉、別に家族に言ってもらっても良いわけで。
はて、私は一体何が不満だったんだろう…。
よく考えた結果
「具合が悪い(だから薬を変えて欲しい)」
というのが言いたかったのだと気付き、それを伝える事でとりあえず丸く収まりました。

だがしかし、その時ワタシは気付いてしまったのです。
自分は「病院の先生なんだから、言わなくてもわかってよ」と考えていたという事実に…!!

病院の先生、というと、察しが良くて理解があって話しを聞いてくれて…みたいなのが理想としてあって、さらに精神科の先生というのは心のプロだし、詳しく言わなくてもわかってくれるだろう。
なんて思っていて。よく考えたら、随分図々しいことを考えていたものです。
先生だって、言外の意味を何でも汲み取れるわけじゃないんだよなあ。

普通の人間関係にもそれはもちろん言えることで、言葉にしなくてもわかるというのはもちろん素敵なんだけど、それが「言葉にしなくてもわかってよ」となると途端に理想の押し付けになる。
優しくしてよね!!!という気持ちが既に暴力的だなんて、ひどい話だ。

20140217カット

「相手の身になって考えなさい」というのは、勘違いすると「だからこっちの身にもなってよ!」になってしまう。
そんな自分に気付いたとき、結構凹みました。
言うは易く、行うは難いなー。

ただ、こういうのを文章に書いて外に出すのもまた、反省している自分アピールみたいでウザい感じがして、なんとなく文章に書けずにいました。
いや、でも、そんなのは考えすぎだよなとも思います。
そして、悩みすぎた挙げ句昨日くらいからお腹が痛くなってきてしまい、結果、こうして懺悔してみることにした次第です。
なんだか最近、優しさを大事にするよーな顔をしてるくせに傲慢な自分に気付く事が多く、気が滅入ります。

しかしそれを先生に伝えたらきっと言われるでしょう。
「うつ期なんじゃないですか」と。

その際はぜひ、前述のような反省点をもって
「こんな些細なことで落ち込み、自戒をしますが、それを文章化する事によりコミュニケーションが図れるのです」
と、己のクリエイティビティを、積極的にアピールしてみようと思います。


プロフィールトキン Tokin
1983年生まれ。自分の精神疾患の病状をしゃべるフリーペーパー「ゾンビ道場」を発行しています。キーワードはメルヘンとメンヘル。イラスト、絵画、ライブペイントなど、アグレッシブに絵を描く病人です。
web site:http://tokin.info/
Twitter:http://twitter.com/Tokin0528



2014-02-20 | Posted in PEOPLE, トキン1 Comment » 

 

「してもらう」「してあげる」のはなし

あけました、おめでとうございます。今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

みなさま、正月におもちは食べましたか。もちはもちでも、私は病気持ちです。(※うまいことを言おうとしました)

自分に病気があると、どうしても、人に頼らざるを得ない状況が発生します。
最近はめっきりなくなってきましたが、鬱がひどい時など、しばしば、家のことをしてもらいに実家の親に、家に来てもらったりもしていました。
また、通院も、付き添ってもらうことが多いです。

私の為に何かしてもらう。
これには当然感謝の気持ちを持っています。
そして、みんなそれぞれに忙しいのに、付き添いだの、家の世話だのしてもらうのは心苦しく、つい「ごめんね」を連発してしまいます。

だがしかし。
そうは言っても、寝込んでいるくらいなので私だってしんどい。しんどいのになぜ「ごめんね」と言ってしまうのか。
言霊という言葉がございますが、「ごめんね」は発すると自動的に相手との上下関係が発生してしまい、なんだか己が情けない立場になったような気持ちになります。

時々、そのことがグルグルしてしまい、グルグルの挙句人に頼るのを遠慮、そして結局具合が悪くなって、いわゆる「言わんこっちゃない」的な状況になったりということをやらかします。
ううむ。自分以外の、何か障害などを持った人は、このような逡巡をどうしているんだろう。

もし仮に、身体が悪い人の手助けを私がしたとする。
その時、見返りとして感謝を要求するというのは、気持ちのあり方として間違ってるような気がするけど、まったく感謝されなかったら、それって結構モヤモヤっとするだろうなあ。

好きで病気になっているわけじゃないんだから、援助をしてもらったとしても堂々としていれば良い、と思うし、それは間違えてないと思います。
でも「ありがとう」も「ごめんね」もなかったら、やっぱり「え??」ってなってしまいそう。

単純に、思いやりの問題なのかもしれません。
誰かの為に何かをするのも、思いやりなら、それを受け取る側が「ごめんね」や「ありがとう」というのも、思いやりで。

何かをする側であっても、してもらう側であっても、相手と自分の快い関係を作ろうとする気持ちがあるっていうのが、大事なんだろうな。

困っている人がいたら助けるのは当たり前!
だけど、立場が変わったとき「困っているところを助けてもらうのが当たり前」にはならないようにしていたい。

「ごめんなさい、とありがとう、はいくら言っても減らないからどんどん言ったほうが、人間関係は円滑にいくのよ!!!」
というのは、昔よく親に言われた言葉です。うう~ん、亀の甲より年の功。

小学校の道徳の授業みたいな話しですが、ちゃんと「ありがとう」と言えるように。
でも、少しの「ごめんなさい」はちゃんと心に留めておくような。
微妙なところではありますが、なるべくそのくらいの気持ちを心がけておけば、不必要に萎縮したりギクシャクしたりしなくてすむのかもしれません。




プロフィールトキン Tokin
1983年生まれ。自分の精神疾患の病状をしゃべるフリーペーパー「ゾンビ道場」を発行しています。キーワードはメルヘンとメンヘル。イラスト、絵画、ライブペイントなど、アグレッシブに絵を描く病人です。
web site:http://tokin.info/
Twitter:http://twitter.com/Tokin0528



2014-01-14 | Posted in PEOPLE, トキン2 Comments » 

 

2 / 3123