NEWS

「まちの魅力に出会うフリーペーパー展」名古屋で開催 

1701_2F_flyer_final

突然ですが、「ぶらり港まち新聞」というフリーペーパーをご存知でしょうか?
特に渋谷PARCO時代のONLY FREE PAPERへ足を運んでいただいた方は見覚えがあるのではないでしょうか?

burari
2011年から2015年まで発行された「ぶらり港まち新聞」全10号

名古屋の港まちづくり協議会さんから発行されていたフリーペーパーは、名古屋港周辺の港まちの「ヒト、モノ、コト」にスポットを当てた新聞で、シンプルながら印象を残すデザインとともに当店でも人気の冊子でした。

一方で、
「本当にまちのためになっているのか?」
「この先、継続的に活動していくために体制を検討するべきではないのか?」
ある程度の大きさで活動を続ける団体であれば、どこにも必ず起こる課題や問題も例外なくありました。
また、フリーペーパーという効果測定が見えにくいメディアであることによる弊害もあったように思います。

この先、港まちづくり協議会さんでは新しいメディアを立ち上げることを近い目標としています。
そのために、《過去》いままでの港まち新聞の歩みを振り返り〜《現在》全国で発行される地域系フリーペーパーおよびその活動を観察し〜《未来》この先、港まちづくり協議会さんが立ち上げるメディアを、港まちがやるべき未来を、考察します。
そして、やはりそこは[紙]というメディアにこだわってみたい。多角的に展開するにしても[紙]メディアはやっていきたい。
以上の流れを一連の展示とし、港まちづくり協議会さんの新しい拠点となるポットラックビルディングで行います。
見る、読む、考える、参加する、様々な楽しみ方ができる展示になると思います。

会期中は、関連トークショーやワークショップなども盛りだくさんです。
約2ヶ月間行っておりますので、是非ご来場ください。


まちの魅力に出会うフリーペーパー展 まちとツナガル僕らのツール
日時:2017年1月28日(土)- 2017年3月25日(土)
   11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)※2月8日(水)のみ13:00-19:00 
   なお、日・月は休館日になります。
場所:Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F:project space
入場:無料
主催:港まちづくり協議会
協力:ONLY FREE PAPER
イベントの詳細な情報はこちら


また同時開催の展示も大変興味深いモノばかりなので、掲載させてください!
同ビル内や近くのギャラリースペースで開催しているのでこちらも是非!
※下記の展示はONLY FREE PAPERは関わっておりません。だた行っていただきたいだけです。

kaiga2DM

絵画の何か Part2
日時:2017年1月28日(土)- 2017年3月25日(土)
   11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)※2月8日(水)のみ13:00-19:00 
   なお、日・月は休館日になります。
場所:Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F:exhibition space
入場:無料
企画:佐藤克之/Minatomachi Art Table,Nagoya[MAT,Nagoya]
主催:港まちづくり協議会
協力:K.Art Studio,SHUMOKU GALLERY,MISAKO&ROSEN,増田知恵
イベントの詳細な情報はこちら

1612_botao9DMsai-01

平山昌尚|絵
日時:2017年1月28日(土)- 2017年3月25日(土)
   11:00-19:00(入場は閉館30分前まで) なお、日・月は休館日になります。
場所:Botao Gallery
入場:無料
企画:渡辺英司/Minatomachi Art Table,Nagoya[MAT,Nagoya]
主催:港まちづくり協議会
イベントの詳細な情報はこちら


2017-01-23 | Posted in NEWS2 Comments » 

コメント2件

 フリーペーパー「ひとめぐり帖」のご案内 | クスろ港:釧路でクスッと「ひと」めぐり | 2017.01.31 17:11

[…] PAPERさんに置かせていただくことになりました! そして現在、名古屋で『まちの魅力に出会うフリーペーパー展』という展示を1/28-3/25の会期で開催されており、 […]

 「まちの魅力に出会うフリーペーパー展」の冊子にご紹介いただきました | クスろ港:釧路でクスッと「ひと」めぐり | 2017.05.29 10:38

[…] こんにちは! 1月から3月に名古屋で開催していた「まちの魅力に出会うフリーペーパー展」で、クスろが作っているフリーペーパー「ひとめぐり帖」も展示させていただいておりました!(その様子はこちら) […]

Comment





Comment