PEOPLE, トキン

Tokin個展「幻ではない」レポート



9月17日〜30日、個展「幻ではない」が無事に閉幕しました。
イベントも装飾も告知のやり方も…とこだわりまくり、壮絶にてんやわんやでしたが、初日から最終日まで最高の2週間でした。




展示したのは、「感情の取り扱い方」をテーマに描いた約70枚の絵。
いつもあるはずなのに意識せず、かといっていざ見つめてみると正体のわからない、自分の感情。摑みどころがなく流動的なそれとの付き合い方を、空間で作ってみたいと思いました。




会場のあちこちや絵に書かれた言葉と絵で作り上げたのは、心の中に入ったような空間。じっくり見て下さる方が多く、また、何度も来て下さる方もいらっしゃってありがたかったです。




そして、その感情の「取扱説明書」として作った画集の販売も。表紙にあしらったのは、会場の装飾に使ったものと同じもの。展示と本が、リボンでつながっているみたいでしょ。




さらに、フリーペーパー「ゾンビ道場」Vol.1〜20を全収録した総集編まで作りました。水彩の絵から離れたスピンオフのつもりだったのですが、サイズもページ数もむしろ主役級になっていました。やる気がみなぎっていますね!




こちらは、好きな絵と表紙を選んで冊子を作る手作りZINEコーナー。自分の絵が使われて、その人の作品になっていくのは新鮮でうれしかったな。





初日と最終日には、イベントを開催。
まず初日は、フリーペーパー・ナイスガイの菊池さん、キデンセンの浅草キッサさんをお招きしてのトークショーです。
「気の小ささから脱却したい、パリピ的な人が羨ましくて死にそう」という漠然とした思いから「うまくNOを言うにはどうしたら良いのか」「同じ話を二度聞いた時にどうやって話を遮れば良いのか」など、小さすぎる悩みを放り投げさせて頂きました。



考えた末の質問に、冒頭から「あまり考えても仕方がないんじゃないか」という返答を頂いて動揺。「不安を先読みしても限界がある」「楽しもうとする気持ちからパリピは始まる」など新しい視野を開拓して頂いた上に「そこまで他人の事を気にするTokinさんは優しい」という励ましの言葉まで頂き、その寛大さと余裕はまさに神仏のそれであり「パリピは仏」という事で決着がつきました。
最後に「一緒にクラブに行って下さい」と約束をしたので、きっと近いうちに実現する事でしょう。



また、会期中は、ツイッターで募集したメッセージを店頭の窓に描いていました。募集したのは「あなたの気持ちを形にすると何ですか?」というもの。私の気持ちだけでなく、その場にいない人の気持ちも会場に描いて積み上げたかったのです。





灯台、劇場、金魚など具体的なものはもちろん、心情を表したメッセージも多く頂き、想像力をフル回転させて挑みました!!






そして最終日は、朗読詩人・成宮アイコの朗読と、タダフジカのギター弾き語り、それからTokinの絵で作るライブショー!
感情を丁寧に拾い上げるような朗読と、その悲喜こもごもを描いた音楽で、集まったメッセージを一つの絵にしていきます。





描き上げたのは、寄せられた「気持ちの形」を着た子供達。いろんな思いがあれど、手を取って踊るように進んでいけたらいいよね。




ライブの開始の頃に差していた夕方の光も、終演の頃にはすっかり暗くなり、完成した絵が夜のコンクリートにくっきりと映されていました。                                    
こちらの絵は、今後もしばらく見る事が出来ます!OFPにお立ち寄りの際は、フリペ採集のついでにぜひ見てみて下さい



コンプレックスとか「私だけ気にしすぎだろうか」というモヤモヤをどう払拭するかずっと悩んできたけれど、モヤモヤしきってイベントにする、というのは思いがけない突破口でした。
払拭しない、という解決方法もあるのか!

トークショーで個人的な相談を盛り上げてくれた、キクチさん、浅草キッサさん、ライブでがっつり締めくくってくれた成宮アイコちゃん、タダフジカさん、そしてONLY FREE PAPERの松江さん、そして何より、お越し下さった皆々様!!本当にありがとうございました。






紛れもなく、幻ではない現実。でも、夢みたいに幸せな2週間、めっちゃくちゃに楽しかったです!




トキン Tokin
アーティスト、イラストレーター。「心理とおとぎ話」をテーマに、心理、社会、メンタルヘルスを題材とした淡い水彩画を描く。
学生時代より精神疾患を患いつつ、ごまかしごまかし学校へ行ったり辞めたりまた入ったり、入院したり就職したりと七転八倒。長期入院をきっかけに2012年、自身の精神障害(解離性障害、双極性障害)を漫画で描いたフリーペーパー「ゾンビ道場」を発行。そのコミカルな表現がメディア等で話題を呼ぶ。
朗読+音楽+絵で構成されるイベント「カウンター達の朗読会」では、ライブペインティングや会場装飾のパフォーマンスも。
痛みと生きる現実と、ファンタジーとが繋がった時、そこから見える世界は何色?
web site:http://tokin.info/
Twitter:http://twitter.com/Tokin0528





2017-10-12 | Posted in PEOPLE, トキンNo Comments » 
Comment





Comment